確定申告書の作成方法と納付

アフィリエイト等で給与以外の副収入があると、確定申告が必要な時があります。

本ページでは、書き方が分からなくても、簡単に確定申告書が作成出来る確定申告書等作成コーナーの使い方を説明します。又、確定申告書の提出方法や納付方法等も説明しています。

確定申告書等作成コーナー

 確定申告書は確定申告するために記載するもので、初めて見ると何を書いてよいか分からない位に、色々な用語が並んでいます。

 住宅ローン減税を受ける等、様々な申請が出来るため複雑ですが、国税庁が公開している「確定申告書等作成コーナー」を利用すると自動で計算してくれます。

 給与所得とアフィリエイト等の雑所得だけであれば、源泉徴収票を見ながら書き写し、雑所得分を入力すると自動計算され、確定申告書が作成出来ます。

 確定申告書等作成コーナーは、登録等しなくても無料で利用出来ます。

 尚、税務署に行って確定申告する場合でも同じシステムを使いますが、分からない場合は係員の人に教えて貰えます。

準備

 「確定申告書等作成コーナー」のページを開きます。

 画面中央の「確定申告書等作成コーナーへ」をクリック後、画面上の「作成開始」をクリックして開始します。

確定申告書作成コーナー作成開始

 以下画面では、「書面提出」をクリックします。「e-Tax」を選択すると電子申請出来ますが、カードリーダを持っていて、事前に登録が必要です。

確定申告書作成コーナーの税務署への提出方法の選択画面

 以下画面では動作環境等が表示されています。全て満たす場合は、「下記のチェック項目については、すべて確認済みです。」をチェックして、画面下の「事前準備終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの申告書等印刷を行う際の確認事項画面

 以下画面では、「所得税コーナーへ」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの作成する申告書等の選択画面

 以下画面では、「左記以外の所得のある方」の「作成開始」を選択します。

確定申告書作成コーナーの入力方法選択

 以下画面では、「確定申告書等を印刷して税務署に提出する。」が選択されている事を確認し、生年月日を入力後、「入力終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの申告書の作成をはじめる前に画面

給与所得の入力

 給与所得がある場合、「給与所得」右の「入力する」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの収入金額・所得金額入力画面で給与所得選択

 以下画面では、源泉徴収票通りに入力します。源泉徴収票の例が左に表示され、番号が振られて色分けされているため、手持ちの源泉徴収票の対応する箇所を右の欄に入力します。入力が終わると、「入力終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの給与所得画面

 パート等で源泉徴収がなくて基礎控除だけの場合、支払金額だけ入力します。基礎控除や給与所得控除は自動計算してくれます。

 4ページ分、上記のように源泉徴収票通りに入力します。その後、家族がいる場合は、配偶者や扶養親族の氏名、生年月日、続柄等を入力します。

雑所得の入力

 給与所得の入力を完了すると以下の画面に戻るため、「雑所得」→「その他」右の「入力する」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの収入金額・所得金額入力画面で雑所得のその他選択

 次の「雑(その他)所得の入力等」ページでは、「上記以外(報酬等)」右の「入力する」をクリックします。

 以下画面が表示されるため、各ASP単位等の収入別に必要事項を入力し、「入力終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの雑所得(その他)画面

 各項目の意味は以下の通りです。

・種目
 アフィリエイト収入では広告収入と入力します。本の執筆等では原稿料と入力します。
・名称
 収入を得た会社名を入力します。アフィリエイトサービスを提供しているバリューコマース(株)、A8.netであれば(株)ファンコミュニケーションズ等です。
・場所
 上記で記載した会社の本社所在地を入力します。
・収入金額
 各アフィリエイトサービスでの1年間の収入を入力します。
・必要経費
 必要経費を入力します。
・源泉徴収額
 アフィリエイト等では源泉徴収されませんが、原稿料等で源泉徴収されている場合は記載します。

 「雑(その他)所得の入力等」の画面に戻るため、「入力終了(次へ)」をクリックします。

 以下の画面に戻るため、「入力終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの収入金額・所得金額入力画面で入力終了(次へ)クリック

 尚、年金収入がある場合は、「雑所得」→「公的年金等」右の「入力する」をクリックして支払金額や源泉徴収税額、社会保険料の金額等を入力します。

 次に表示される所得控除の画面では、追加で所得控除がある場合に入力します。例えば、医療費控除がある場合です。給与所得で入力した所得控除は反映されているため、別途入力は不要です。入力が終われば、「入力終了(次へ)」をクリックします。

 税額控除・その他の項目画面が表示されるため、例えば住宅ローン等で控除がある場合に入力し、「入力終了(次へ)」をクリックします。

計算結果確認

 所得や控除額の入力が完了すると、計算結果が表示されます。

確定申告書作成コーナーの計算結果確認画面

 赤枠部分が追加で納める所得税です。青枠部分が課税所得、緑枠部分が全体の所得税で25万7,802円と表示されています。今回の例では、紫枠部分のように源泉徴収が20万6,700円あるため、差し引いて100円未満切り捨てで、納める所得税が5万1,100円になっています。

 確認後は、画面を下にスクロールして表示される「次へ」をクリックします。

住民税関連

 計算結果確認が終わると住民税関連の入力です。以下画面が表示されるため、「住民税・事業税に関する事項」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの住民税等入力画面

 以下画面では、住民税を給与から納めるか、自分で納めるかを選択します。給与から収める場合は会社に通知があり、特別徴収になります。自分で収める場合は普通徴収になり、6月に納税通知書が送られてきます。又、16歳未満の扶養親族がいる場合は青枠部分を入力します。入力が終わると、画面を下にスクロールして表示される「入力終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの住民税・事業税に関する事項画面

 元の「住民税等入力」画面に戻るため、、右下の「入力終了(次へ)」をクリックして次に進みます。

住所・氏名等入力

 住民税関連の入力が終わると、住所・氏名等の入力です。以下の画面が表示されるため、氏名等を入力し、画面下の「入力終了(次へ)」をクリックします。屋号・雅号は会社名やペンネームのようなものですが、特にない場合は空白で大丈夫です。

確定申告書作成コーナーの住所・氏名等入力(1/3)画面

 以下の画面では住所等を入力し、画面下の「入力終了(次へ)」をクリックします。整理番号は分からなければ空白で大丈夫です。

確定申告書作成コーナーの住所・氏名等入力(2/3)画面

 次の住所・氏名等入力(3/3)画面では、納税額が再度表示され、期限や納付方法等も表示されます。必要事項を確認の上、画面右下の「次へ」をクリックします。

マイナンバーの入力

 以下の画面でマイナンバーを入力します。

マイナンバーの入力画面

 家族がいれば、家族全員分入力します。

 入力したマイナンバーは伏字で表示されますが、「入力値を表示する」をクリックすると確認出来ます。マイナンバーを入力しないと、法律で義務付けられていると表示されます。

 入力後は、「申告書等作成終了(次へ)」をクリックします。

印刷とデータの保存

 必要事項の入力が全て完了すると、印刷とデータの保存が出来ます。以下の画面が表示されるため、「帳票表示・印刷」をクリックするとPDFで保存出来ます。保存後は「印刷終了(次へ)」をクリックします。

確定申告書作成コーナーの申告書等の印刷画面

 「作成後の確認事項」画面が表示され、確定申告書の提出方法や期限、納付方法等が再確認出来ます。必要事項を確認後、「印刷後の確認終了(次へ)」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

確定申告書作成コーナーの最終画面

 上記で「入力データの保存」をクリックすると、これまで入力したデータをパソコンに保存出来ます。データを保存しておくと、トップ画面で「作成再開」を選択して保存したデータを読み込む事が出来るため、後で修正する事が出来ます。

 データ保存後は、画面を下にスクロールして表示される「終了」をクリックすると画面が閉じて終了になります。

確定申告書の提出

 保存したPDFファイルを開いて印刷すると、確定申告書が出来ます。印刷した中で、提出用だけを提出し、控えは自分で保管します。

 提出用確定申告書に押印し、源泉徴収がある場合は必ず源泉徴収票を添付します。

 PDF印刷時にチェックシートも印刷されるため、不足資料がないか確認出来ます。又、そこに送付先税務署のご案内があるため、切り取ってそのまま宛先として使えます。

 平成28年度分からマイナンバーの証明が必須になりました。マイナンバーカードを持っていれば、そのコピーを添付します。マイナンバーカードは、マイナンバーの通知後に申請するともらえます。マイナンバーカードを持っていない場合は、マイナンバー通知カードと運転免許証等のコピーが必要です。

 必要書類を封筒に入れ、案内されている税務署に郵送すれば確定申告は完了です。又、税務署に直接持っていくのでも大丈夫です。

 確定申告は毎年3月15日までに行う必要があり、郵送する場合は消印が3月15日まで有効です。

納付方法

 納付も毎年3月15日までに行う必要があります。

 金融機関や税務署で納付書を記載し、支払います。納付書には住所、氏名、納める金額や税務署等を記載します。このため、保管している確定申告書の控えを持っていくと記載が簡単です。納付書には整理番号を記載する欄がありますが、不明な場合は空白で大丈夫です。

 尚、還付がある場合は、確定申告書作成時に銀行等の振込先を入力する事で暫くすると入金されます。

 又、住民税を自分で収める場合、6月に送られてくる納税通知書に納付書が同封されているため、それを持って金融機関や役所等で支払います。

前ページ:「住民税の計算方法

サイト関連1

アフィリエイト「アフィリエイトと確定申告
アフィリエイト「所得税の計算方法
アフィリエイト「住民税の計算方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)