リンクシェア

リンクシェアではアフィリエイトサービスを提供しています。

リンクシェアを利用する時の申込みや広告の作成方法等について説明しています。

リンクシェアの概要

 リンクシェアは成果報酬型アフィリエイトを主体としたサービスを行っています。

 成果報酬型アフィリエイトとは、クリックした先で成果に繋がった場合に報酬となるアフィリエイトです。成果に繋がるとは、商品の場合であれば商品が売れた時、会員登録であれば登録された時等です。

 リンクシェア・ジャパン株式会社の主要株主は楽天株式会社であり、楽天関連の広告では楽天ツールという専用のツールも利用出来ます。

 リンクシェアの利用は無料です。

リンクシェアへの申請

 申請は「リンクシェア」から行います。

 メールアドレス、サイト名やURL等簡単な情報を入力して申請すると登録を完了させるURLがメールで送られてくるため、指定のURLを開いて登録を完了させます。これで審査が始まります。審査前でもログインして広告を作成可能ですが、審査に落ちると無効になります。審査期間は数日程度です。

 一般的な趣味等を扱ったサイトであれば審査に落ちる事はないと思いますが、最低3ページないと審査に受かりません。

ログイン後の設定

 ログイン後は振込先の銀行の設定を行います。銀行名を入力する際、例えばAA銀行の場合はAA銀行、AAとどちらでも大丈夫なようで、支店名も支店を付けても付けなくても大丈夫なようです。口座名義は全角カタカナで入力する必要があり、申請時の名前と一致している必要があります。

 リンクシェアでは振込手数料はリンクシェアが負担してくれるため無料です。

広告の作成と設置

 ログイン後はECサイトを探して申請し、承認されれば広告を作成出来ます。

 ステータスが承認済になった後、承認されたECサイトを選択し、張り付けたい広告を探してリンク取得するとコードが表示されます。このコードをhtmlの広告を表示したい箇所に張り付けます。この手順で、バナー、テキスト広告共に作成する事が出来ます。

 ECサイトへの申請時にすぐに承認済になる時もありますが、自動承認でない場合はECサイトによる審査があります。この審査はリンクシェアに申請した時の審査とは違い、ECサイト側が自分達のプロモーションに合っているかを審査します。審査期間はECサイトによって様々で、次の日に合格のメールが来る場合もありますが、1週間位経ってから合格のメールが来る場合もあります。

リンクシェア1

 ECサイトによっては審査が厳しく拒否される時もありますが、再度申し込む事が出来るため、内容を見直せば受かる可能性があります。

商品リンクとリンクビルダー

 商品リンクはECサイトが設定した個別の商品へのリンクの中から選択して広告を作成出来ます。紹介したい商品を探してリンク取得するとコードが表示されるため、htmlの広告を表示したい箇所に張り付けるだけです。

 商品リンクは利用出来ないECサイトもありますが、ECサイトを選択して商品リンクが表示されれば利用出来ます。

 リンクビルダーは商品リンクと違い、自分が紹介したいページにリンクした広告を作成出来ます。文章だけでなく画像を利用する事も出来ます。

 つまり、画像やテキスト広告が自分で探したURL、自分で作成した文章等でコードを作成出来ます。

 作成するためには、紹介したいページのURLと文章、又は画像のURLを入力する必要があります。

リンクシェア2

 リンクしてよいURLはこのドメイン配下、ディレクトリ配下等、ECサイト側で指定されている場合があります。

 又、リンクビルダーが利用可能かはECサイトの情報で確認出来ます。

 商品リンクやリンクビルダーは記事に合った商品を紹介出来るため、高いクリック率や商品購入率が期待出来ます。

楽天ツール

 リンクシェアは楽天グループのリンクシェア・ジャパンが運営しているため楽天関連のツールが揃っています。楽天と提携した後にECサイトで楽天を選択すると楽天ツールが利用出来ます。

 楽天ツールでは商品リンクを作成したり、好きなURLに対してテキストリンクを作成したり出来ます。ランキング順で商品を表示したり、楽天トラベル等他の楽天グループのサービスを紹介する広告を作成する事も出来ます。

 又、モーションウィジェットというツールでは売れ筋の商品、又はページにマッチした商品を掲載する事が可能です。以下が表示例です。

 上記は300px×250pxですが、他にも様々なサイズがあり、それによって表示する商品の数も変わります。

 売れ筋の商品、又はページにマッチした商品を掲載するのか等の選択を行った後コードを作成可能で、表示されたコードをhtmlの広告を表示させたい箇所に張り付けます。

 以後はhtmlを変更しなくても自動で表示される商品が変わります。

始め方

 最初は何を貼り付けたら良いか分からないと思いますが、まずは自分のサイトに合ったECサイトを複数探します。ECサイトは検索も出来ますし、カテゴリから探す事も出来ます。

 探した複数のECサイトで綺麗なバナーを本文下等複数ページに張り付けて様子を見てもいいかもしれません。その中で良さそうなECサイトがあればそれだけ残して他のECサイトを探します。

 綺麗なバナーを表示させると見た目が良くなりますが、これだけでは余り報酬にはつながりません。このため、少し慣れたら文章の中にテキスト広告を組み込みます。自分が紹介したいテキストリンクがない場合はリンクビルダーで作成出来る場合もあります。

 中々成果に繋がらないといった場合、楽天のモーションウィジェットを本文下等に使ってみて下さい。報酬自体は少ないかもしれませんが、成果にはつながり易いと思います。

補足

 ログインして最初は単語の意味が分からない等で戸惑うと思います。このため、以下で少し補足します。

・提携
 ECサイトから許可を得て広告を掲載出来る状態を言います。
・インプレッション
 広告が表示された回数です。1ページに複数の広告を掲載している場合は、その数分カウントされます。
・リスティング広告
 検索結果等に連動して表示させる方法です。ECサイト別にリスティングOK、NG等と記載されています。
・ECサイト
 広告主です。最初に提携が必要です。広告主が広告料を支払います。

 尚、ECサイトによって異なりますが、クリックした数日後、数十日後に購入・登録があった場合でも成果になる事が多くあります。又、注文があった場合でもECサイト側が承認しなければ報酬は確定しません。

 いずれもECサイトを選択した時にECサイト情報として、再訪問期間や報酬確定期間等が記載されている場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)