アフィリエイト広告の設置方法検討

広告の設置方法検討について説明したページです。アフィリエイトを始めるにはまず広告をどこにどのように配置するか検討が必要です。本ページではその考え方について説明しています。

広告の設置場所

 本サイトの「ホームページ作成」で例にしているキャンプ入門サイトでは最初から広告の設置場所を決めて作り始めています。このため、ここに広告を貼り付けます。

 後から追加する場合は「バナーサイズ比較」を参照して設置場所を検討し、幅や高さが収まる広告を選択する必要があります。

 広告を設置する場所で1番お奨めなのは本文の下です。

広告の設置方法検討1

 文章を読んだ後は、他のページを探したり、検索し直したり次の行動を取ろうとしますが、本文の下に配置する事で広告が次の行動の選択肢の1つになるためです。

 又、右サイド上は良くある設置場所で本文下程ではないにしてもクリック率もそれなりです。訪問者も見慣れていているため、右サイドがある場合は設置をお奨めします。

広告の設置方法検討2

 他の設置場所として考えられるのはページのトップや本文中、サイドバー下等です。

広告の設置方法検討3

 ページを参照する人はこれから本文を見ようとしているため、上記に設置した広告は読み飛ばされる事が多く、本文の下に配置した広告と比較してかなりクリックされる確率が下がります。

 ページのトップや途中等に設置すると目立ちますが、場合によってはサイトを訪問した人の印象を悪くする事もあります。

 このため、広告の設置場所は本文下や右サイド上を基本にして、ページに隙間があるようなら他の部分にも設置を検討してみる位がいいと思います。

広告サイズの検討

 GoogleのAdsenceで推奨されている広告サイズは以下の通りです。

・レクタングル
 336×280、又は300×250のレクタングルは右サイト上に配置するのに適しています。
 広告の設置方法検討4
 ビッグバナーが本文下に収まらない時にレクタングルを配置するのもお奨めです。隙間がある場合は、本文途中に配置してみても良いと思います。
・ビッグバナー
 728×90のビッグバナーは本文下に配置するのに適しています。
広告の設置方法検討5
 又、ページトップに配置しているのも良くみかけます。
・ワイドスカイスクレイパー
 160×600のワイドスカイスクレイパーはサイドバー下に配置するのに適しています。
 広告の設置方法検討6

 上記は実際のサイズで表示しています(スマートフォン等で参照されている場合は画像が縮小されて表示されます)。

 本文下にビッグバナーが収まらない時、468×60のサイズ等が選択肢として考えられますが、インパクトが弱いようで推奨サイズと比較するとクリックされる確率がかなり下がります。

 このため、Adsenceだけでなく、イメージ広告を張る時も上記サイズを基本にして考えると良いと思います。

広告種類の検討

 広告の設置場所で検討した箇所に広告を設置する場合、ページの内容にあった広告を選択する必要があります。

 内容に合ってない広告で、自分が好きな広告、例えば自分が買いたい商品やお奨めの広告、イメージが綺麗な広告等を貼り付けても、まずクリックされません。

広告の設置方法検討7

 たまには自分と同じ考えの人がいて興味を持ってくれるかもと思いがちですが、その確率はかなり低いようで、ページの内容に合った広告と合ってない広告ではサイトにも寄ると思いますが、100倍以上クリック率に差があると考えてもいいと思います。

 100倍というと、選択が上手く行った広告が3,000人に1人購入するとして、選択が上手く行ってない広告は30万人に1人が購入する計算です。通常のアクセス数のサイトでは1年に1人も購入しない数になってしまいます。

 このため、例えばテントについて説明したページであれば、各メーカーのテントを紹介し、紹介したメーカーの広告を載せたりするのが良いと思いますが、それでも中々クリックに結びつきません。

 有名なメーカーは誰でも知っているので、わざわざ広告をクリックする必要がないためです。

広告の設置方法検討8

 マイナーでお奨め出来るメーカー、有名なメーカーでも少し探さないといけない商品、より具体的な商品紹介、キャンペーン等の広告は比較的クリックされ易くなります。興味がある場合は自分で探すより広告をクリックした方が早いためです。

広告の設置方法検討9

 これをページ毎に探すのは中々大変です。

 アフィリエイトサービスではローテーション広告というのがあります。何個かの広告を選択しておくと順番に表示してくれます。サイトの内容にマッチしていると思う広告を何個か選択出来るため、どの広告がクリックされるか確認出来、最終的にhtmlを書き換える事なく、クリック率が高い広告だけを残すといった事も出来ます。

 各ページに合った広告を探すのは大変で手間もかかりますが、これを自動的に行ってくれるのがGoogle Adsence等のクリック報酬型のアフィリエイトです。

 クリック報酬型のアフィリエイトではページの内容を自動的に解析し、関連した広告を自動的に表示してくれます。又、訪問者が訪れた事があるサイトに関連した広告も表示されるため、興味がある広告が表示されやすくなります。

テキスト広告の重要性

 アフィリエイトを始めて間もない頃は、サイトの見栄えが良くなるイメージ広告に目が行きがちですが、テキスト広告も上手く使うと非常に有効です。

 例えば、本文の途中に入れたり比較表を作ってテキスト広告を設置する事も出来ますし、本文下に関連広告としてリンクを張る事も出来ます。同じ本文下に設置した場合でも上手く記述するとイメージ広告よりテキストの方がクリック率が高くなります。その理由は、テキストを自由に記述出来る場合は、よりページに関連があるように記述出来るというのがあります。又、これは推測ですが、イメージ広告より広告らしくなく、通常のリンク同様にクリックし易いというのもあるかもしれません。

 例えば、ページの内容に関連したバナーを張った場合にページ参照者の0.5%位がクリックするとして、効果的なテキストでは2%を越える場合もあります。

 尚、自由にテキストを記述出来る場合でも誇大表現や間違った印象を与える記述は違反になるため注意が必要です。

一般的に推奨される広告の設置方法

 趣味でサイトを公開している方には、ページの固定箇所に設置する広告はクリック報酬型アフィリエイトがお奨めです。悲しい事に自分で選んでもかなりのアクセスがあったり、上手く選択出来ないとまずクリックすらされません。クリック報酬型アフィリエイトではhtmlの書き換えが不要な点もメリットです。

 合わせて成果報酬型アフィリエイトのテキストを掲載しても良いと思いますが、商品が販売終了になったりプロモーションが終わったりするとhtmlを書き換える手間がかかる点は留意が必要です。商品が売れた時に高額な報酬が期待出来る場合は積極的に掲載してみるといいと思います。例えば1商品の報酬が5,000円の広告がページにマッチしているのであれば、クリック報酬型アフィリエイト以上の収入に繋がる可能性があります。数十円等の少額な報酬では手間に比べて殆ど報酬がない状態になります。

 商品を説明したページでは商品リンクにより、その画像を広告として掲載するとページを見た人がイメージをつかみ易くなり、読み手側にも分かり易く、クリック率の向上にも繋がります。

 このため、以下が一般的に推奨される広告配置だと思います。

広告の設置方法検討a

 又、サイドバー等の余白部分や右サイド上等にクリック報酬型の広告を配置する事も有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加