TGアフィリエイト

TGアフィリエイトではアフィリエイトサービスを提供しています。

TGアフィリエイトを利用する時の申込みや広告の作成方法等について説明しています。

TGアフィリエイトの概要

 TGアフィリエイトは成果報酬型アフィリエイトを主体としたサービスを行っています。

 成果報酬型アフィリエイトとは、クリックした先で成果に繋がった場合に報酬となるアフィリエイトです。成果に繋がるとは、商品の場合であれば商品が売れた時、会員登録であれば登録された時等です。

 TGアフィリエイトは元々、株式会社トラフィックゲートのサービスでしたが、リンクシェアを提供しているリンクシェア・ジャパン株式会社と合併しました。このため、今ではTGアフィリエイトとリンクシェアは同一ページからログイン出来ます。

 TGアフィリエイトの利用は無料です。

TGアフィリエイトへの申請

 申請は「 TGアフィリエイト 」から行います。

 メールアドレス、サイト名やURL等簡単な情報を入力して申請すると受付完了のメールが送られてきて審査が始まります。審査期間は数日程度で合格すればログイン出来るようになります。

 一般的な趣味等を扱ったサイトであれば審査に落ちる事はないと思いますが、万一、審査に落ちた場合でも再度申込みは可能です。

ログイン後の設定

 ログイン後は振込先の銀行の設定を行います。銀行名、支店名は選択出来るようになっています。口座名義は全角カタカナで入力し、本人名義である必要があります。

 TGアフィリエイトでは振込手数料は振込金額によって172円、270円等必要ですが、ジャパンネット銀行を利用すると無料になります。

広告の作成と設置

 ログイン後はマーチャントを探して提携申請し、承認されれば広告を作成出来ます。

 提携したマーチャントは提携中マーチャント一覧に表示されるため、広告を作成するマーチャントを選択します。そのマーチャントで使える広告を検索して張り付けたい広告の下に表示されているソースをコピーしてhtmlに張り付けます。この手順で、バナー、テキスト広告共に作成する事が出来ます。

 マーチャントへの提携申し込み時、サイト名の所に即時提携と表示されている場合はすぐに広告が作れます。表示されていない場合はマーチャントによる審査があります。この審査はTGアフィリエイトに申請した時の審査とは違い、マーチャント側が自分達のプロモーションに合っているかを審査します。審査期間はマーチャントによって様々で、次の日に合格のメールが来る場合もありますが、1週間以上経ってから合格のメールが来る場合もあります。

TGアフィリエイト1

 マーチャントによっては審査が厳しく拒否される場合もあり、再度申し込む事は出来ません。

商品マスタリンクとアフィリエイト指定型リンク

 商品マスタリンクはマーチャントが設定した個別の商品へのリンクの中から選択して広告を作成出来ます。

TGアフィリエイト2

 キーワードやカテゴリ検索で探してコードを作成し、htmlの広告を表示したい箇所に張り付ける事で広告が表示されます。提携していないマーチャントの商品の場合は、提携申請する必要があります。

 アフィリエイト指定型リンクは商品リンクと違い、自分が紹介したいページにリンクした広告を作成出来ます。つまり、テキスト広告が自分で探したURL、自分で作成した文章等でコードを作成出来ます。

TGアフィリエイト3

 アフィリエイト指定型リンクは通常の広告の作成と同じ手順で広告でアフィリエイト指定型を選択して作成します。

 紹介したいページのURLを張り付けて広告のリンクを作成するとURLが表示されます。これは単にTGアフィリエイトを介するためのURLであり、以下のようにhtmlで記述すると広告として利用出来ます。

<a href="表示されたURLをここに記述">商品名等を記述</a>

 これで緑で示した文字で広告が表示され、クリックすると赤字のTGアフィリエイト先にページが移動しますが、その後紹介する商品等のページに転送されます。上図であればtest.example.comです。

 商品マスタリンクとアフィリエイト指定型リンクは記事に合った商品を紹介出来るため、その商品に合った記事を書いたり商品自体のレビューを書くと高いクリック率や商品購入率が期待出来ます。

ローテーションバナー

 ローテーションバナーはバナーをランダムに表示する機能です。ページが表示される度に異なる広告が表示されます。

TGアフィリエイト4

 TGアフィリエイトではローテーションバナーの機能はありませんが、JavaScriptを用いてローテーションさせる方法がサポートで紹介されています。

 「ローテーションバナーについて

補足

 ログインして最初は単語の意味が分からない等で戸惑うと思います。このため、以下で少し補足します。

・提携
 広告主から許可を得て広告を掲載出来る状態を言います。
・コンバージョン率
 広告がクリックされた回数に対して商品が購入された等の注文に繋がった割合です。例えば100回クリックされた内1回注文があった場合は、コンバージョン率は1%になります。
・リスティング広告
 検索結果等に連動して表示させる方法です。広告主別にリスティングOK、NG等と記載されています。
・マーチャント
 広告主です。最初に提携が必要です。広告主が広告料を支払います。

 尚、マーチャントによって異なりますが、クリックした数日後、数十日後に購入・登録があった場合でも成果になる事が多くあります。その日数は再訪問有効期限として記載されています。

 又、注文があった場合でもマーチャント側が承認しなければ報酬は確定しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)