padding/内側の余白

paddingプロパティは内側の余白を上下左右一括で指定出来ます。padding-topは内側の上、margin-rightは右、margin-bottomは下、margin-leftは左の余白になります。

説明

 paddingはボックス領域の内側の余白を指定します。

padding説明

 上記の黒枠に対して赤の矢印部分が内側の余白です。

 padding-topが上、padding-rightが右、padding-bottomが下、padding-leftが左の余白の指定で、paddingはこれを一括で設定出来ます。

 似た設定にmarginがありますが、こちらは外側の余白です。

margin説明

構文

 paddingプロパティの構文は以下の通りです。

padding: 上の余白 右の余白 下の余白 左の余白;

 以下のように2つ以上をまとめて指定する事も出来ます。

padding: 上下の余白 左右の余白;

padding: 上下左右の余白;

 padding-topプロパティの構文は以下の通りで、padding-right等も同様です。

padding-top: 上の余白;

 余白の指定は以下が出来ます。

【paddingでの余白の指定】
指定 説明
px ピクセル指定
em 文字の大きさに対する割合
% 幅や高さに対する割合
auto 左右にだけ使え、自動調整します。

padding利用例

 paddingの利用例は以下の通りです。上の記述がCSS外部ファイル、下の記述がHTMLファイルです。

div {
padding: 10px 5px 10px 40px;
}

<div>padding例</div>

 上記を表示すると以下になります。尚、分かり易さのため、背景を付けています。

padding例

 黄色の背景色の部分が指定した余白になります。

 上下と左右で指定する場合は以下の通りです。

div {
padding: 1em 2em;
}

<div>padding例</div>

 上記を表示すると以下になります。

padding例

 上下に1文字分、左に2文字分の余白が取られています。右側は文字数が多くなると2文字分の余白を持って折り返されます。

 上下左右一括で指定する場合は以下の通りです。

div {
padding: 20px;
}

<div>padding例</div>

 上記を表示すると以下になります。

padding例

 上下左右で20pxの内側の余白が取られます。

padding-left利用例

 padding-leftの例は以下の通りです。

div {
padding-left: 20%;
}

<div>padding例</div>

 上記を表示すると以下のように取れる横幅の20%の余白が取られます。

padding例

 padding-leftは左の余白だけ変えたい時に使います。padding-topやright、bottomの使い方も同様です。

補足

 上や下に10%と指定するとと高さの10%ではなく、横幅の10%が余白になります。

padding例

 上記ではpadding-topで10%の指定をして、点線の枠で横幅を200pxに指定しているため、上に20pxの余白が出来ます。

関連ページ

・ホームページ作成「ボックスのまとめ

 paddingだけでなく、marginやwidth、背景、枠線、回り込み等、ボックス全体の説明をしています。

・ホームページ作成「スタイルシートの定義方法

 外部ファイルやHTMLに直接記述する方法等、CSSの記述方法や、優先度、入れ子等について説明しています。

検索付「CSSプロパティ早見表」に戻る

スマホ向け「CSSプロパティ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★上ページに含まれるプロパティ

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)