table-layout/テーブル表示方法

table-layoutプロパティを使うと表(テーブル)の表示方法を指定出来ます。

説明

 表(テーブル)は長いデータが入るセルの横幅を長く確保しますが、table-layoutを使うと同じ幅にする事が出来ます。

table-layout説明

構文

 table-layoutプロパティの構文は以下の通りです。

table-layout: 表示方法;

 表示方法はautoがデフォルトで長いデータが入るセルがある列は横幅が長くなります。

 fixedにすると各列の幅を均等に出来ます。

利用例

 table-layoutの利用例です。上の記述がCSS外部ファイル、下の記述がHTMLファイルです。

table {
table-layout: fixed;
width: 100%;
}

<table border=1>
<tr>
<th>題1</th>
<th>題2</th>
</tr>
<tr>
<td>このデータは他よりとても長いデータです。倍以上あります。</td>
<td>データ2</td>
</tr>
<tr>
<td>データ3</td>
<td>データ4</td>
</tr>
</table>

 上記を表示すると以下になります。

題1 題2
このデータは他よりとても長いデータです。倍以上あります。 データ2
データ3 データ4

 各列は同じ幅で表示されています。

 同じ表でデフォルトのautoの場合は以下のように表示されます。

題1 題2
このデータは他よりとても長いデータです。倍以上あります。 データ2
データ3 データ4

 長いデータのセルがある列が横幅が長く確保されています。

留意点

 table-layoutはwidthで100%を指定しているか、幅が親ボックスより大きくなる場合に有効です。

 以下は1つ目の表がfixed、2つ目の表がautoですが、確保される幅が変わりません

題1 題2
データ1は短くなりました。 データ2
データ3 データ4
題1 題2
データ1は短くなりました。 データ2
データ3 データ4

 表は自動で必要な幅を確保し、親ボックス等の幅を越える場合に文字がセル内で折り返されます。

 このため、幅一杯になるまでは、必要な幅しか確保しないため、autoもfixedも同じになります。

 尚、IE7等の古いブラウザではfixedを指定すると、必要な幅が親ボックスの幅より小さい場合でも同じ幅になります。

関連ページ

・ホームページ作成「表の挿入

 表の表示方法だけでなく、罫線の表示、罫線を1重線にする方法、罫線の太さと色を変える方法、幅の指定、センタリング、の背景と文字の色を変える方法、セルの結合等について説明しています。

・ホームページ作成「スタイルシートの定義方法

 外部ファイルやHTMLに直接記述する方法等、CSSの記述方法や、優先度、入れ子等について説明しています。

検索付「CSSプロパティ早見表」に戻る

スマホ向け「CSSプロパティ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★上ページに含まれるプロパティ

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)