bとiダグ/フォント太字と斜体

<b>タグは太字、<i>タグはイタリック体を示します。

説明

 <b>タグはフォントが太字で表示され、<i>タグはフォントがイタリック体で表示されます。

 イタリック体は多くの場合、斜体と同じ表示になります。

構文

 <b>タグも<i>タグもHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<b>太字</b>
<i>イタリック体</i>

利用例

 <b>タグの利用例は以下の通りです。

通常のフォントです。<b>太字になります。</b>

 上記を表示すると以下になります。

通常のフォントです。太字になります。

 <i>タグの利用例は以下の通りです。

通常のフォントです。<i>This is pen.斜体です。</i>

 上記を表示すると以下になります。

通常のフォントです。This is pen.斜体です。

 英字は斜体ですが、パソコンの環境によっては日本語部分は斜体になりません。

<i>タグで見た目が反映されない原因と対処

 <i>タグは多くのブラウザで斜体で表示されますが、Windows Vistaで標準フォントのメイリオ、Windows7で標準フォントのMeiryo UIは日本語の斜体がありません。英字であれば斜体になります。

 このため、フォントによっては見た目が反映されていないように見えます。見た目を変えたい場合は以下の検討が必要です。

  • 英字だけ<i>タグを使う
  • <i>タグを使う場合はCSS等で別のフォントにする

 別のフォントにする場合は例えば以下のように指定します。

<i style="font-family: MS Pゴシック,sans-serif;">日本語でも斜体で表示されます。</i>

 上記を表示すると以下になります。

日本語でも斜体で表示されます。

ディスプレイ

 <b>タグと<i>タグで囲むと共にインラインボックスを示すため、改行されません。

 文章の途中だけ太字や斜体にすると言った使い方が出来ます。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加