liダグ/リスト項目

<li>タグはリスト項目を示します。

説明

 <li>タグを使って項目を羅列する事でリスト項目を定義します。

構文

 <li>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<li>リスト項目</li>

利用例

 利用例は以下の通りです。

<li>リスト項目</li>
<li>liを羅列してリスト表示します。</li>
<li>ol、又はulタグと合わせて使われます。</li>

 上記を表示すると以下になります。

  • リスト項目
  • liを羅列してリスト表示します。
  • ol、又はulタグと合わせて使われます。
  • 番号付きリスト

     <ol>タグと組み合わせる事で番号付きで表示出来ます。

    <ol>
    <li>番号が自動で表示されます。</li>
    <li>CSSで表示形式を変える事も出来ます。</li>
    <li>番号を入れ子にする事も可能です。</li>
    </ol>

     上記を表示すると以下になります。

    1. 番号が自動で表示されます。
    2. CSSで表示形式を変える事も出来ます。
    3. 番号を入れ子にする事も可能です。

    関連ページ

    ・ホームページ作成「リスト項目の挿入

     リスト項目を番号付きリストにしたり、●を消したり様々な形式に変える方法を説明しています。又、入れ子にする事で項番を変えて表示する方法等も説明しています。

    検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

    スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

    • このエントリーをはてなブックマークに追加