link relタグ/リンク指定

<link rel>タグはHTMLファイルにリンクを定義する時に使います。

説明

 <link rel>タグはファイル名を指定する事で、利用するCSSファイルやファビコン等を定義出来ます。

 <link rel>タグは読み込むファイルを指定するタグです。ページに移動するためのハイパーリンクを作る時は<a href>タグを使います。

構文

 <link rel>タグはHTMLヘッダー内に記述します。構文は以下の通りです。

<link rel="定義項目" type="タイプ" href="ファイル名"/>

 </link>で閉じる必要はありません。

利用例

 読み込むCSSファイルを定義する場合は以下になります。複数記述する事で複数のCSSファイルを反映させる事が出来、前に記述したファイルと重複する定義があった場合、後に記述した定義で上書きされます。

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="CSSファイル名"/>

 CSSファイル名は例えばstyle.css等と記述しますが、ディレクトリが異なる場合はcss/style.cssとするとcssディレクトリにあるstyle.cssを指定した事になります。親ディレクトリを指定する場合は../style.cssと../を付けて記述します。

 読み込むファビコンのファイルを指定する場合は以下になります。

<link rel="shortcut icon" href="ファイル名" />
<link rel="icon" type="image/gif" href="ファイル名" />

 1行目がico形式、2行目がgif形式のファイル名を指定します。

 ico形式は殆どのブラウザでサポートしていますが、gif形式はFireFox等一部のブラウザだけでサポートしています。このため、ico形式だけの指定でも殆どのブラウザでファビコンが表示されますが、gif形式ではアニメーションさせる事が出来ます。

 2つを上記の順番で記述する事でgif形式をサポートしていないブラウザではico形式、gif形式をサポートしているブラウザではgif形式で表示されます。

関連ページ

・ホームページ作成「トップページ:ヘッダー作成

 <link rel>タグについてだけでなく、ホームページを作る際の初歩から説明しています。

・ホームページ作成「ファビコンの作り方と設置方法

 ファビコンを描く所からファビコンとして使える形式に変換する方法、<link rel>タグを利用した設置方法等を説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加