olダグ/番号付きリスト

<ol>タグは番号付きリストを示します。

説明

 通常は<ol>タグで番号付きリストを宣言し、項目自体は<li>タグで記述します。

 <li>タグを使って項目を羅列する事で番号が付いたリストを列挙する事が出来ます。

構文

 <ol>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<ol>番号付きリスト</ol>

利用例

 利用例は以下の通りです。

<ol>
<li>番号が自動で表示されます。</li>
<li>CSSで表示形式を変える事も出来ます。</li>
<li>番号を入れ子にする事も可能です。</li>
</ol>

 上記を表示すると以下になります。

  1. 番号が自動で表示されます。
  2. CSSで表示形式を変える事も出来ます。
  3. 番号を入れ子にする事も可能です。

入れ子

 <ol>タグは入れ子にする事も出来ます。

<ol>
<li>最初のリストです。</li>
<ol>
<li>入れ子になっています。</li>
<li>親と別の番号が付きます。</li>
</ol>
<li>入れ子と番号は別です。</li>
</ol>

 上記を表示すると以下になります。

  1. 最初のリストです。
    1. 入れ子になっています。
    2. 親と別の番号が付きます。
  2. 入れ子と番号は別です。

 CSSを使って入れ子になった方をローマ字にする等も出来ます。

ディスプレイ

 <ol>タグで囲むとブロックボックスを示すため、タグの開始時と終了時に改行されます。

関連ページ

・ホームページ作成「リスト項目の挿入

 CSSを使って表示方法を変えたり、番号をローマ字等他の形式に変えたりする方法等を説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加