pダグ/段落

<p>タグは段落を記述する時に使います。

説明

 <p>タグで段落を記述します。

 文章を連続して記述すると読み辛くなりますが、段落分けする事で間隔が空き、読み易い文章になります。

段落の利用例

構文

 <p>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<p>文章</p>

利用例

 通常はHTMLボディーの中で使われます。

<p>文章を記述します。</p>
<p>段落と段落の間には余白が出来ます。</p>

 上記を表示すると以下のようになります。

文章を記述します。

段落と段落の間には余白が出来ます。

 段落では上下に余白が出来、読み易くなります。<p>タグを使わずに改行すると以下のように表示されます。

文章を記述します。
段落と段落の間には余白が出来ます。

 文章が多くなると詰まった感じがして読みづらいページになります。

ディスプレイ

 <p>タグで囲むとブロックボックスを示すため、タグの開始時と終了時に改行されます。

 通常、段落は改行された方がいいため、無駄に<br>タグを使わなくて済みます。

補足

 殆どの本文は<p>タグで囲まれます。

 このため、CSSによる<p>タグの上下余白や行の高さ等はホームページの見栄えに大きく影響します。

関連ページ

・ホームページ作成「トップページ:記述方法

 <p>タグでの余白の取り方等を説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加