preダグ/整形済みテキスト

<pre>タグは整形済みテキストを示します。

説明

 HTMLファイルの中で半角スペースを連続して記述してもブラウザ上では半角スペースは1つしか表示されません。又、改行もブラウザ上では無視されます。

 <pre>タグはこれらを記述した通りに表示出来ます。

構文

 <pre>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<pre>整形済みテキスト内の文章</pre>

利用例

 利用例は以下の通りです。

<pre>改行、半角スペース「      」等が
記述通りに表示されます。
但し、<h3>タグは解釈されます。</h3>
通常、上下に余白が設けられます。</pre>

 上記を表示すると以下になります。

改行、半角スペース「      」等が
記述通りに表示されます。
但し、

タグは解釈されます。

通常、上下に余白が設けられます。

 半角スペースや改行が記述した通りに表示され、タグが解釈されて表示されています。

 <pre>タグを使わない場合は以下のように表示されます。

改行、半角スペース「 」等が 記述通りに表示されます。 但し、

タグは解釈されます。

通常、上下に余白が設けられます。

 半角スペースが1つになり、改行もされません。上記では<h3>タグがブロックボックスを作るため、その部分だけ改行されています。

ディスプレイ

 <pre>タグで囲むとブロックボックスを示すため、タグの開始時と終了時に改行されます。

補足

 記述した通りに表示されるため、改行を入れないと枠からはみ出る可能性があります。

改行なしで長い文章を記述した場合

 上記では点線の枠を100pxに指定していますが、文章が枠より長いためはみ出て表示されています。

関連ページ

・ホームページ作成「整形済みテキストと特殊文字

 整形済みテキストと特殊文字の使い方を説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加