qタグとblockquoteタグ/引用

<q>タグは引用、<blockquote>タグは長文の引用を示します。

説明

 <q>タグは引用、<blockquote>タグは長文の引用を示し、著作者が他にいてその文章をそのまま掲載している事を示します。

 他人の文章をコピーすると著作権の侵害になりますが、文章の説明の中で参考文献を示して一部を引用する事は著作権の侵害になりません。

 但し、全文等多くをコピーすると著作権の侵害や、引用して著作者を誹謗・中傷すると名誉棄損等になる可能性があります。

 <q>タグはブラウザにより表示が異なり、InternetExplorerやGoogle Chromeでは「」、FireFoxやAdnroid標準ブラウザでは""で囲まれて表示されます。

 <blockquote>タグは多くのブラウザで左に大きく余白(インシデント)を持って表示されます。

構文

 <q>タグや<blockquote>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<q>引用した文章</q>
<blockquote>引用した長文</blockquote>

利用例

 <q>タグの利用例は以下の通りです。

Aサイトには<q>Aサイトの引用</q>と記述されており、このように考えます。

 上記を表示すると以下になります。

AサイトにはAサイトの引用と記述されており、このように考えます。

 <blockquote>タグの利用例は以下の通りです。

Aサイトには以下のように記述されています。
<blockquote>Aサイトの長文の引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・Aサイトの長文の引用終わり</blockquote>
この引用から、このように考えます。

 上記を表示すると以下になります。

Aサイトには以下のように記述されています。
Aサイトの長文の引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・Aサイトの長文の引用終わり
この引用から、このように考えます。

ディスプレイ

 <q>タグで囲むとインラインボックスを示すため、改行されません。このため、文章の途中で引用を使う事が出来、短い文章を引用するのに適しています。

 <blockquote>タブで囲むとブロックボックスを示すため、タグの開始時と終了時に改行されます。このため、複数行に渡る長文を引用するのに適しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加