ドメインの取得

ドメインは取得した後にサーバーと関連付けする必要があります。ここは迷う所なので何故関連付けする必要があるか、又、関連付けした後の確認方法についても説明しています。

独自ドメイン取得のメリット

 独自ドメインを取得したからと言って検索結果が上位になるかと言うとそうでもないと思います。このため、特に無料サーバー等で不満がない方は有料サーバーを借りてまで独自ドメインを取得する必要はないと思います。

 参考になるか分かりませんが、私が独自ドメインを取得しなかった時の経験からデメリットと思われる点を記載します。

・移転が難しい
 やはり一番の問題はこれだと思います。長年サイトを運用していてアクセスも多くなってくるとメリット、デメリットよりもやはり独自ドメインで運用したくなってきます。
 独自ドメインを持っている場合はドメインとサーバーの関連を変えるだけでサーバーを移転出来ます。しかし、独自ドメインがない場合は.htaccess等を使ってドメインが変わった事をGoogle等検索サイトに伝える必要があります。更に.htaccessが使えない場合は、並行運用してhtmlの中でドメインが変わった事を検索サイトに伝える必要があり、運悪くするとこれまでの順位が失われる可能性があります。
・検索した人は独自ドメインの方を信頼する
 これは私だけかもしれませんが、検索結果に表示されるドメインが独自ドメインでないと内容が充実していないと思いがちです。逆に独自ドメインの場合は企業だったり、お金を払って作っているサイトなので内容が充実していると思いがちです。これは心理だけの問題かもしれませんし、そもそもお金を払っている事さえ知らない人もいるため微妙な差かもしれません。又、最近は独自ドメインでなくても有益な情報を発信しているサイトも多くあります。このため、ほんの少しの差かもしれません。
・検索結果のパンくずリストで借りたサーバーのドメインがホームになる
 パンくずリストを設置していると検索結果でパンくずリストが表示されますが、独自ドメインを取得していない場合はホームが借りたサーバーのドメインになってしまいます。
 少し慣れた人だと検索した人は独自ドメインでないと一目で分かります。これも上と同じ理由で訪問率に微妙に関係してくると思います。

 多分、一番上以外は微妙だと思いますが長年運用する上では大きな差かもしれません。

 尚、独自ドメインを取得した場合のデメリットはお金を払う必要がある事と払い忘れる事です。払い忘れる方は自動更新にすれば問題ないので、実質はお金が必要な点だけだと思います。

 どちらがお奨めという訳ではありませんが、少しサイトを作ってみようかと言う方は独自ドメインを取得しない、長年運用すると言う方には独自ドメインを取得されるのがいいかなと思います。

 独自ドメインサービスの比較については、「格安ドメインサービス比較」をご参照下さい。

 尚、ドメインをレンタルする時の入力ミスには充分気を付けて下さい。通常は後で変更が出来ません。

ドメインとサーバーの関連付け

 ドメインを取得した後はサーバーとの関連付けが必要です。これはドメインに対するIPアドレスを定義して公開する事を意味します。

 非常に簡単に述べるとドメインは階層構造になっていて、検索した人が訪れる時、上の階層から順番に降りてきます。

ドメインの取得1

 ルートはパソコンが最初から知っているIPアドレスでルートはcomを知っているDNSサーバーのIPアドレスを応答し、comはbeginners-hpを知ってるサーバーのIPアドレスを応答するため、パソコンは応答があったIPアドレスに順次探しに行く仕組みでDNSと呼ばれます。

 comはbeginners-hpを知っているサーバーのIPアドレスを応答すると説明しましたが、これがドメインを取得した会社のDNSサーバーです。ドメインを取得すると、ここの例ではcomサーバーにbeginers-hpはドメインを取得した会社のDNSサーバーがIPアドレスを知っていると登録されます。このため、パソコンはドメインを取得した会社のDNSサーバーに問い合わせを行います。

 但し、ドメインを取得した会社とレンタルサーバーの会社が違うと、ドメインを取得した会社のDNSサーバーはレンタルサーバーの会社のIPアドレスが分からず応答出来ません。

ドメインの取得2

 このため、ドメインを取得した会社でレンタルサーバーを借りた会社のDNSサーバーを定義します。この定義によってパソコンはドメインを取得した会社のDNSサーバーからレンタルサーバーの会社のDNSサーバーに問い合わせを変更するようになります。

ドメインの取得3

 この定義をするとドメインとサーバーのIPアドレスが関連付けされます。レンタルサーバーの会社ではどのDNSサーバーをドメインを取得した会社に登録するか説明されているため、通常はこのサーバーをドメインを取得した会社の管理画面等で設定します。

 設定は難しくなく、管理画面でレンタルサーバーの会社で指定されているDNSサーバーを指定するだけです。

 DNSサーバーは多くの場合、プライマリとセカンダリがあります。セカンダリはプライマリのミラーでダウンした時等に利用されます。つまり、この2つをドメインを取得した会社の管理画面で登録すればよい事になります。

 尚、DNSについてここで説明しているのはホームページを公開するために概略を説明しているだけで、詳しく説明すると1冊の本が出来る程複雑です。詳しく知りたい方は私が管理している別サイトになりますが、以下をご参照下さい。

 ・初心者向け:「便利な住所録

 ・初心者向け:「DNSキャッシュ

 ・中級者向け:「DNS

 関連付けで難しいと思った方はドメインを取得する会社と連携しているレンタルサーバーを借りる事で設定を簡略化出来ます。その場合、ドメインを取得後に関連サーバーをレンタルしたり、ボタン1つで自動的に上記の設定を反映する事が出来ます。

関連付けを行った後の確認

 関連付けを行うとドメインからIPアドレスに変換出来るようになります。変換出来るようになったか確認するためには以下のようにします。

【DNSの確認】
C:¥>nslookup example.com
サーバー: aaa.bbb.ccc.ddd
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

権限のない回答:
名前: example.com
Address: yyy.yyy.yyy.yyy

 コマンドプロンプトはWindowsの「スタートメニュー」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」で実行出来ます。

 赤字で示した部分が入力する部分でexample.comは取得したドメイン名を入力して下さい。例えば本サイトであればbeginners-hp.comと入力します。

 最後の行のyyy.yyy.yyy.yyyの部分にIPアドレスが表示されていればIPアドレスに変換出来るようになっています。

【DNSの確認NG例】
C:¥>nslookup example.com
サーバー: aaa.bbb.ccc.ddd
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

*** aaa.bbb.ccc.ddd が example.com を見つけられません: Non-existent domain

 上記のように表示された場合はドメインからIPアドレスに変換が出来ないため、ホームページにアクセス出来ない状態です。

 DNSの反映には暫く時間がかかるため、時間を置いて再度確認して下さい。

 参考にですが、本サイトのドメインでは30分位でIPアドレスに変換が可能になりました。ドメインを取得する会社やタイミング等によっても違うかもしれません。

 少なくとも次の日に確認してIPアドレスに変換出来なければ設定が間違っていると思われる為、見直した方がよいと思います。設定自体は単純なので、レンタルサーバー側で指定しているDNSサーバーに入力ミスがないか再度確認する事をお奨めします。

 どこで間違っているか調べる事も出来ますが少しDNSについて知識が必要です。もし必要な方は私が管理している別サイトになりますが、以下をご参照下さい。

 ・トラブル対応:「nslookup

 尚、これまで運用していたレンタルサーバーの業者を変更するため関連付けを変更した場合、インターネット上でDNSキャッシュが残っているため数時間、場合によっては数日、以前のサーバーのIPアドレスに変換されてしまいます。ttlが有効な期間、以前のサーバーにアクセスが来ても表示されるようにファイルを残しておく必要があります。

 サーバー移転時に考えられるトラブルや対処方法については以下をご参照下さい。

 ・トラブル対応:「サーバー移転時の通信不可

IPアドレスに変換が可能になった後の確認

 ドメインからIPアドレスに変換が可能になった後はブラウザでURLを入力してホームページが表示されるか確認します。例えば本サイトであればbeginners-hp.comです。

 表示されない場合はドメインからIPアドレスへの変換は確認出来ているため、ドメイン側の設定は大丈夫なはずですので、レンタルサーバー側の設定やファイルの配置場所を見直します。指定した場所にファイルをアップロードしているか、パーミッションが正常か等の確認が必要です。

 パーミッションはrwx---r--や604等のように表記されます。左側がアルファベットの表記方法で右側が数字での表記方法です。

 意味は以下の通りです。

【パーミッションの意味】
項目 読み取り 書き込み 実行
アルファベット表記 r w x
数字表記 4 2 1

 ファイルにパーミッションを付与する場合は、上記を所有者、グループ、第三者の順で羅列します。

【パーミッションの記載】
項目 所有者 グループ 第三者
アルファベット表記 rwx --- r--
数字表記 6 0 4

 アルファベット表記の-は権限がない事を意味します。つまり、上の表では所有者は読み取り、書き込み、実行権があり、グループは権限なし、第三者は読み取り権だけある設定になります。

 数字表記はパーミッションの意味の表で示した数字を足し算しています。つまり、上の表では所有者は6=4+2のため読み取りと書き込み権があり、グループは権限なし、第三者は4=4のため読み取り権だけある設定になります。

 通常はデフォルトで問題ありませんが、もし表示が出来ない場合はレンタルサーバーの管理画面等でファイルに対して第三者に読み取り権があるか確認して下さい。

 又、urlにドメイン名/ファイル名で入力して試してみて下さい。例えばindex.htmlというファイル名でアップロードしたのであれば、本サイトのドメイン名の場合、beginners-hp.com/index.htmlです。

サイト関連1

ホームページ公開「Google・Yahooへの登録
ホームページ公開「bingへの登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:total

Today:today   Yesterday:yesterday