ドメイン変更によるサイト移転

これまでドメインを取得していなかったけど、独自ドメインを取得してみたいといった人もいると思います。本ページでは、ドメインを変更する時の手順について説明すると共に、事例を交えて検索順位にどのように影響するか、移転後の旧ドメインやサーバーの扱い等の留意点も説明しています。

ドメイン変更によるサイト移転の概要

 ドメインを変更するサイトの移転方法は大きく分けて2通りあります。

 1つ目が.htaccessで301リダイレクトを利用する方法です。301リダイレクトはページが移転した事を示します。このため、全ページ移転した事をリダイレクトで示せばサイト全体を移転する事が出来ます。

 301リダイレクトを利用した場合、検索結果が古いドメインで表示されて古いサーバー側にアクセスがあってもすぐに新ドメイン側に転送されます。

ドメイン変更によるサイト移転1

 2つ目はrel="canonical"属性を使う方法です。rel="canonical"属性は似たページがある時に代表となるページを示す時に使います。代表となるページを指定すると、検索された時にそのページが表示される可能性が非常に大きくなります。このため、全てのページで移転先のページをcanonical指定するとサイト全体の移転になります。

 canonical自体はあくまで代表ページを指定するだけです。例えば、同じ製品の色違いのページがある場合、代表的な1ページを検索結果の上位に表示したい場合等に使います。このため、ページの移転を示さないので、検索結果が古いドメインで表示されて古いサーバー側にアクセスがあってもcanonical設定だけでは新ドメイン側に転送されません。

ドメイン変更によるサイト移転2

 本来の意味から、ドメインを変更する場合は301リダイレクトを利用してサイト移転する必要がありますが、.htaccessが使えないサーバーの場合はrel="canonical"属性を使って移転する必要があります。

マルチドメイン

 通常、ドメインを変更する場合はレンタルサーバーも移行すると思いますが、サーバーを変えない場合は注意が必要です。

 2つのドメインを使えるマルチドメインをレンタルサーバーでサポートしている必要があります。

 マルチドメインをサポートしていれば、旧ドメインはこのディレクトリ、新ドメインはこのディレクトリ等、ドメイン毎にアクセス先を変える事が出来ます。

ドメイン変更によるサイト移転3

 最近のレンタルサーバーでは殆どサポートしていますが、念のため確認が必要です。

.htaccessの301リダイレクトを利用したサイト移転方法

 .htaccessはアクセスに来た人達をどのように扱うか記述出来るファイルです。メモ帳等を利用して以下のように記載し、.htaccessというファイル名で保存して旧サーバーにアップロードします。サイトを移転する場合はサーバーのトップページと同じディレクトリにアップロードします。太字のexample.com部分は自身のドメイン名に編集が必要です。

【サイト移転のための.htaccess記述】
Redirect permanent / http://example.com/

 上記の記述でサイトのトップページ以下ディレクトリ含めて全てのページが移転した事を示し、検索結果が古いドメインで表示されて訪れた人も新規ドメイン側にリダイレクトされて新サーバー側のファイルが表示されます。

rel="canonical"属性を利用したサイト移転方法

 canonicalは内容が殆ど同じページでないと無視される可能性があります。同じ製品の色違いで説明したように、似たページが複数あると検索順位が分散されて上位表示されない事を防ぐ為の設定のためです。

 canonicalは旧ドメインのサーバーやディレクトリにアップロードするhtmlの<head>と</head>の間に以下を追加します。

【canonicalと転送の設定】
<link rel="canonical" href="http://new_example.com/page.html"/>
<meta http-equiv="refresh" content="10; url=http://new_example.com/page.html">

 太字は新ドメインのURLを記述しますが、トップページ以外は各ページ毎にファイル名まで指定する必要があります。つまり、全ページに記述する必要があり、旧ドメインのそれぞれのページで新ドメインの移転先のページを指定する必要があります。

ドメイン変更によるサイト移転4

 移転する前に全ページをコピーしてcanonical設定があるファイルとないファイルを作成し、新ドメインのサーバーにはcanonical設定がないファイル、旧ドメインのサーバーにはcanonical設定があるファイルをアップロードします。サーバーを移行しない場合は新ドメインで使うディレクトリにcanonical設定がないファイル、旧ドメインで使うディレクトリにcanonical設定があるファイルをアップロードします。

 設定の2行目はcanonical指定ではありませんが、ブラウザで旧ドメインが表示された場合に10秒すると新ドメインに転送される設定です。赤字の部分は転送するまでの時間を示しています。

サイト移転手順

 ドメイン変更によるサイトの移転手順は以下の通りです。

・ドメインを取得する
 最初に新ドメインの取得が必要です。取得する会社が決まっていない場合は「格安ドメインサービス比較」を参考にして下さい。
・サーバーをレンタルする
 サーバーも移行する場合は移行先のサーバーのレンタルが必要です。決まっていない場合は「格安レンタルサーバー比較」を参考にして下さい。
・アナウンスする為のお知らせを記述する
 リダイレクトして驚かれない為と、ブックマークやリンクの変更をして貰えるように、新旧ドメインでアクセスしたトップページにサイトの移転をお知らせする記述をhtmlに追加します。

・サーバーでドメインを設定する
 通常、レンタルサーバー側では管理するドメインの設定が必要です。このため、新しくレンタルしたサーバーで新ドメインを設定します。
 サーバーを変えずにマルチドメインを利用する場合は、新ドメインで使うディレクトリを設定すると、新ドメインでアクセスが来た場合に設定したディレクトリのファイルを参照出来るように応答します。
・ドメインを管理する側で関連付けを変更する
 ドメインを管理する会社の管理画面でレンタルサーバーのDNSサーバーを設定します。この設定により、ドメインはサーバーのIPアドレスと関連付けられる事になり、URLを入力すると新規に借りたレンタルサーバーに接続されます。
 マルチドメインの場合はIPアドレスは変わりませんが、その後サーバー側で振り分けられます。
 通常はレンタルサーバー側でプライマリーとセカンダリーの2つのDNSサーバーを指定しているため、確認してそのIPアドレスを設定します。
・新サーバーにファイルをアップロードする
 新規にレンタルしたサーバーにこれまで作成したファイルでcanonical設定していないファイルをアップロードします。サーバーを移行しない場合は、新規のディレクトリにアップロードします。
・旧サーバーにファイルをアップロードする
 サーバーを移行する場合は旧サーバーにこれまで作成したファイルでcanonical設定しているファイルをアップロードします。サーバーを移行しない場合は既存のディレクトリにアップロードします。又、.htaccessを利用する場合は旧サーバー、若しくは既存のディレクトリに.htaccessファイルをアップロードします。
・Googleウェブマスターツールに新ドメインを登録する
 Googleウェブマスターツールに新ドメインを登録します。これでクローラーが新ドメインを認識するようになります。登録の方法は「Googleウェブマスターツール」をご参照下さい。

 上記手順により、Google等のクローラーは旧ドメインを参照して.htaccessによる301リダイレクトやcanonical設定がある事を認識し、新ドメイン側を優先表示するようになります。

 .htaccessもcanonical指定も旧ドメイン側だけで行う点に留意して下さい。

 尚、htmlの中でドメイン名を利用してリンクしている場合、新サーバーにアップロードするファイルはこのリンクも新ドメインに書き換える必要があります。

サイト移転事例

 私がプロバイダーの無料サービスであるジオシティーズから新規に独自ドメインを取得してサーバーも移行した時の事例を参考に記載します。

 ジオシティーズでは.htaccessが利用出来ないため、canonical設定により移行しました。その際、転送時間は0秒にしました。content="0 url=〜〜"です。

 移転を終わった後の推移は以下の通りです。尚、サイトのページ数は全体で130ページ位でした。

4日目
 トップページが新ドメインで表示されるようになりました。
 Googleで1位だったキーワードは2位、3位だったキーワードは4位等、若干順位を落としました。又、旧ドメイン/index.htmlがすぐ下に表示されており、/と/index.htmlを異なるURLと認識して表示されているようでした。2割程度アクセス数が減りました。
5日目
 Googleで1位だったキーワードは1位、3位だったキーワードは3位等、トップページの順位は殆ど戻りました。又、多くのページが新ドメインで表示されるようになりました。因みにbingでは検索しても全て旧ドメインで表示されていました。
6日目
 Googleではかなり多くのページが新ドメインで表示されるようになりましたが、bingでは依然全てのページが旧ドメインで表示されていました。尚、サイト移転後、ページ追加は控えていました。ページを追加すると既存のページからリンクするため既存のページにも変更が発生しますが、canonical設定は殆ど同じページでないと無視される可能性があり、念のためです。
13日目
 Googleでは30ページが旧ドメインで表示されていました。因みにGoogleの検索でsite:旧ドメインURLと入力する事で旧ドメインがどの位表示されるか確認出来ます。canonical設定が有効になるにつれて表示されなくなります。又、この頃、サイト間リンクの1つを新ドメインに変更しました。尚、bingではトップページが新ドメインでも旧ドメインでも検索されない状態になっていました。
17日目
 Googleでは19ページが旧ドメインで表示されていました。この頃にドメイン変更後、最初のページ追加を行いました。
21日目
 2割程度アクセス数が減っていましたが、かなり元に戻りました。まだ、14ページが旧ドメインで表示されていました。
26日目
 アクセス数は完全に元に戻りました。まだ、9ページが旧ドメインで表示されていました。bingで消えていたトップページが再び旧ドメインで表示されるようになりました。
30日目
 まだ、3ページが旧ドメインで表示されていました。bingではまだ旧ドメインですが、トップページのキャッシュ情報を見ると6ヶ月前になっていました。
35日目
 全てのページが新ドメインで検索されるようになりました。bingではまだ旧ドメインでした。
45日目
 bingでトップページと他の数ページが新ドメインで検索されるようになりました。その後、徐々に他のページも新ドメインで検索されるようになりました。

 ページ数やクロールの頻度にも寄ると思いますが、上記ではGoogleの検索で新ドメインが反映されるまでは約1ヶ月位かかりました。又、bingは反映が遅く、数か月かかっています。

 検索順位やアクセス数については上手く行けばそれ程気にしなくて大丈夫そうです。

canonicalでサイト移転した後の留意点

 rel="canonical"属性を使ってサイト移転した後、旧ドメイン名やサーバーのファイルはそのままにしておく必要があります。

 Googleウェブマスターツールでサイトへのリンクを確認すると、外部からのリンクで「次の中間リンクを使用」と記述されて旧ドメインが表示されます。

 これは外部サイトからは旧ドメインにリンクされていて、canonical指定で新ドメイン側に間接的にリンクが張られていると認識している状態です。

ドメイン変更によるサイト移転5

 この状態で旧ドメインを停止したり、旧サーバーのファイルを削除、若しくはレンタルをやめたりすると中間リンクがなくなってしまい、これまでの外部リンクを失ってしまいます。

 無料の場合は特に問題ないと思いますが、ドメインやサーバーが有料の場合、永遠に残しておく事は難しいとは言え、出来るだけ長く使える状態にしておいた方が良さそうです。

サイト関連1

ホームページ公開「サーバー移行によるサイト移転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加