コンテンツのアップロード

コンテンツのアップロードについて説明したページです。どこのサーバーでも通常は使えるftpによるコンテンツのアップロード方法、アップロード時のセキュリティ対策について説明しています。

コンテンツのアップロードの概要

 コンテンツのアップロードとは、パソコンで作成したhtmlやスタイルシート、図や写真等をレンタルサーバーに送信する事を言います。

 サーバー側ではApache等のWebサーバー機能が動作しており、参照しに来た人のパソコンに対してサーバー上にあるこれらのファイルを送信する事でブラウザ上にテキストや図、写真等が表示されます。

 サーバーを借りると通常はすぐにコンテンツをアップロード出来るようになります。このため、サーバーを借りてコンテンツをアップロードすれば取りあえずインターネットから参照可能な状態になります。

セキュリティ対策の重要性

 アップロードする前にウィルスチェック等のセキュリティ対策を行う事をお奨めします。セキュリティ対策をしておらず、万一ウィルス等に感染したファイルをアップロードした場合、サイトの運営どころかすぐに削除しなければいけません。このため、日頃からセキュリティ対策ソフトを常駐させておく事が大切です。

 まだセキュリティソフトを導入されていない方は私の管理するネットワーク入門サイトの「セキュリティソフトの導入」をご参照下さい。無料ソフトと有料ソフトの比較やインストール、使い方等をご紹介しています。

ftpでのアップロード

 レンタルサーバーでは通常ftpでのコンテンツアップロードが可能です。ftpは様々なソフトウェアで可能ですが、1例としてFFFTPを用いたアップロードの方法をご紹介します。

 最初に「FFFTPのインストール」を参照し、FFFTPをインストールして下さい。

 次に「FFFTPの使い方」を参照し、サーバーと接続してコンテンツをアップロードします。

 尚、新規ホストを追加する時に以下の画面になりますが少なく共「ホスト名」の入力が必要です。

コンテンツのアップロード1

 ユーザー名、パスワードを入力しなかった場合は接続する度に入力する必要があります。通常、入力しておいて問題はありませんが、パスワードを保存しておきたくない等セキュリティを重視する場合は、面倒ですが接続する度に入力する事が薦められます。

 ローカルの初期フォルダはパソコンでコンテンツが保存してあるフォルダを指定しておくと接続後にフォルダを移動しなくてよいため便利です。

 ホスト名、ユーザー名、パスワードについてはレンタルサーバー側で指定されているため、マニュアル等をご参照下さい。

 尚、ftpについて詳しく知りたい方は私が管理するネットワーク入門サイトのサービス「ftp」をご参照下さい。

ftpsの利用

 ftpは暗号化しない通信です。このため、IDとパスワードも暗号化せずに通信するため、傍受された場合はIDとパスワードが簡単に盗まれてしまいます。

 ftpsは暗号化して通信するプロトコルです。このため、IDとパスワードも暗号化されるため、傍受されても簡単にはIDとパスワードが分かりません。

 FFFTPでftpsを使うためにはホストの設定で暗号化タブをクリックします。デフォルトでは「暗号化なしで接続を許可」、「FTPS(Explicit)で接続」、「FTPS(Implict)で接続」全てにチェックが入っているため、「FTPS(Explicit)で接続」だけチェックを入れて、その他はチェックを外します。

コンテンツのアップロード2

 サーバー側でFTPS(Implict)をサポートしている場合はそちらにチェックを入れて下さい。

 ID、パスワードを盗まれた場合、コンテンツを消されたり改ざんされる可能性があります。このようになるとサイトの閉鎖にも成りかねないため、ftpsが利用出来る場合は利用をお奨めします。

サイト関連1

ホームページ公開「サーバーのレンタル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)