Googleアナリティクス

Googleアナリティクスについて説明したページです。本ページではサイトの登録から基本的な使い方、各データの確認方法等について説明しています。

Googleアナリティクスの概要

 GoogleアナリティクスはGoogleが無料で提供しているツールで訪問者の人数、OSやブラウザ等の環境、新規とリピータの割合、訪問してすぐに帰っていく直帰率等が全体で何人、何割等統計で確認出来ます。

Googleアナリティクス1

 Googleウェブマスターツールも統計情報を取得出来るため似たツールに思えますが、Googleアナリティクスはホームページのhtmlにコードを貼り付けて統計情報を取得します。Googleウェブマスターツールではhtmlへの記述は不要です。つまり、GoogleウェブマスターツールはGoogleの検索を利用している人の内、自分のホームページに関係する統計情報やクロールの結果等をGoogle側のサイトから情報が得られ、Googleアナリティクスはサイトを訪れた時のスクリプトで統計情報を得られるようになっており、それぞれ得られる情報が異なります。

Googleアナリティクス2

 得られる情報の違いとして、例えばGoogleウェブマスターツールではGoogleの検索からの訪問者が統計で分かりますが、Googleアナリティクスでは他の検索サイトからの訪問者や検索せずにリンクを辿って訪問した人等も含め、実際に訪問した人数が分かります。又、GoogleウェブマスターツールではGoogleの検索結果で表示された数やキーワード等が分かりますが、Googleアナリティクスでは分かりません。Googleウェブマスターツールでは訪問者の環境やリピータの数は分かりませんが、Googleアナリティクスでは分かります。

 このように、Googleウェブマスターツールではどのようなキーワードで検索されているのか等のサイトの傾向を知る事が出来、GoogleアナリティクスではどのようなOSなのか等の訪問者の傾向を知る事が出来ます。

 尚、Googleアナリティクスは独自ドメインを取得していなくても特に制限なく利用出来ます。

サイトの登録

 Googleアナリティクスは「Analytics」からログインして利用出来ます。「Google・Yahooでの公開」でGoogleのアカウントを作っていればそのまま利用出来ます。

 ログイン後は赤枠のアカウント名部分をクリックしてホームページを登録します。以下の画面にならない場合は右上にある「アナリティクス設定」をクリックして下さい。

Googleアナリティクス3

 以下の画面では「標準のアナリティクス」選択したままにします。

Googleアナリティクス4

 同じ画面で下の方にスライドすると以下が表示されます。

Googleアナリティクス5

 サイト名、URLを入力し、業種、タイムゾーン(通常は日本)を選択後、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

 次に表示されるページでトラッキングコードが表示されているため、どこでもいいですが、取りあえずトップページのhtmlファイルの最後の方に張り付けサーバーにアップロード後、トラッキングコードが表示された画面で「保存」をクリックします。

 このトラッキングコードをGoogleアナリティクスが確認しを得ると画面の上の方に「ステータス:トラッキングコードがインストールされています。」と表示されます。

 一旦、右上の「ログアウト」でログアウトした後、再度ログインするとサイトが追加されているため、それをクリックすると統計情報等が参照出来るレポート画面になります。

 尚、トラッキングコードを貼り付けたページしか統計情報に組み込まれないため、サイト全体の統計情報を得るためには全てのページにコードを貼り付ける必要があります。

Googleアナリティクスの基本的な使い方

 Googleアナリティクスにログインして「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすると「ユーザーサマリー」の画面になります。

 ユーザーサマリーの画面では訪問者数、直帰率(来てすぐ帰る)、新規訪問者とリピータの割合等が参照出来ます。

Googleアナリティクス1

 左サイドバーには以下が表示されるため、各項目をクリックして詳細を確認出来ます。

Googleアナリティクス6

 次からは各項目について説明します。尚、マイレポート一覧とショートカットは次から説明する情報を自分がアクセスしやすいようにカスタマイズして組み合わせたりショートカットを作ったりするものです。すぐに見たい情報を表示する事が出来るようになります。

インテリジェンス イベント

 「インテリジェンス イベント」→「サマリー」から急激な変化があったイベントを確認出来ます。例えば訪問者数が急激に減った、増えた、直帰率が急激に上がった等です。

 上下は必ずするのと訪問者数が減ってなければ気にする必要はありませんが、徐々に直帰率が増えている場合等はページの内容の充実に心がける等留意が必要です。

リアルタイム

 「リアルタイム」→「サマリー」をクリックすると現在の訪問者数やどのページを参照しているか等がリアルタイムで確認出来ます。

 データを生かす事は難しいと思いますが、リアルタイムで訪問者数が確認出来るため、訪問者数が増えてくると眺めていると楽しいかもしれません。

ユーザー

 「ユーザー」→「サマリー」を選択するとトップページで参照出来るのと同じ訪問者数の統計情報が確認出来ますが、システムの部分に「ブラウザ」と「オペレーティングシステム」の項目があります。

Googleアナリティクス7

 それぞれクリックすると訪問者のブラウザの種類とOSの種類が統計で表示されます。例えばInternetExplorerで何人、FireFoxで何人、Chromeで何人、Windowsで何人、Linuxで何人、Macintoshで何人等です。

 ここで確認出来る訪問者が多いブラウザは可能な限りどのように表示されているか確認する必要があります。又、訪問者のOSはフォントを選択する時の指標になります。OSでサポートしているフォントが違うためです。詳細はホームページ作成の「フォントの変更」をご参照下さい。

トラフィック

 「トラフィック」→「サマリー」を選択すると訪問者がどのようなキーワードで検索して来たか確認出来ます。

 但し、最近の検索は暗号化されている事が多く、not providedと表示されて不明な場合も多いです。このため、「トラフィック」→「検索エンジン最適化」によりGoogleウェブマスターツールの情報を表示する事が出来ます。

 検索エンジン最適化を選択して表示された説明に従って設定する事でGoogleウェブマスターツールの情報が表示されるようになり、検索されたキーワード等が統計情報で確認出来ます。

 つまり、Googleウェブマスターツールのページに行かなくても一部の情報がGoogleアナリティクスで確認出来るようになります。

コンテンツ

 「コンテンツ」→「サマリー」から参照された数が多い順にページを確認出来ます。デフォルトではファイル名で表示されますが、左側の「ページタイトル」をクリックするとタイトルで表示されます。例えば、本ページであれば、「ホームページ入門サイト - Googleアナリティクス」といったタイトル名で表示されます。

Googleアナリティクス8

 又、「コンテンツ」→「サイトコンテンツ」→「ライティングページ」では訪問者が最初に訪れたページがランキングで表示されます。

 これらのデータは訪問者が見る確率が高いページを示しているため、他のページも見てもらえるようにリンクを張る等力を入れるページです。

 又、面白い機能としてページ解析があります。ページ解析は「コンテンツ」→「ページ解析」で参照出来ます。

 ページ解析ではリンク先がそれぞれ何%クリックされたかがページ自体を表示してグラフィカルに表示されます。以下は私が管理しているサイトの例です。

Googleアナリティクス9

 どのリンクが有効だったかといった確認が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加