thead要素

HTMLでは、表のヘッダー部分を示すことができます。

本ページでは、thead要素について説明します。

thead要素とは

thead要素は、表のヘッダー部分を示します。

3列×3行の表が表示されています。1行目を囲むように枠が表示されていて、表のヘッダー部分(thead)と説明されています。

theadは必須ではないため、theadがなくても表は作成できます。

theadがあると、CSSでtheadを指定して背景色を変えたりするのに使えます。また、複数行をtheadで囲んで(グループ化して)ヘッダーにすることもできます。

theadの定義は、以下のとおりです。

【theadの定義】
コンテンツカテゴリ なし
可能な親要素 table
※caption、colgroup要素の後、thead、tfoot、tr要素の前、他にthead要素がない場合
可能なコンテンツ tr、スクリプトサポート要素
タグの省略 開始タグは必須
終了タグは、直後にtbodyかtfootが続く場合に省略可能
DOMインターフェース HTMLTableSectionElement

利用例

以下は、theadを使ったHTMLの例です。

【HTMLでのtable利用例(theadとtbody付)】
<table>
  <caption>表のタイトル</caption>
  <thead>
    <tr>
      <th>ヘッダー1</th>
      <th>ヘッダー2</th>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
    <tr>
      <td>データ1-1</td>
      <td>データ1-2</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>データ2-1</td>
      <td>データ2-2</td>
    </tr>
  </tbody>
</table>

上記により、表が表示されますが、スタイル付けしないとデフォルトではほとんど表に見えません。表のスタイルなどを変える方法は、「HTMLに表を挿入して装飾する」をご参照ください。

属性

グローバル属性が使えます。

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
thead
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
thead
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。

HTML要素(タグ)一覧」に戻る