.htaccessによるエラーページの作成

エラーページの作成について説明したページです。エラーが発生した時、ブラウザ上では「ページが表示出来ません」等と表示されますが、エラーページを作成してリンク等を設定する事が可能で訪問者が帰ってしまう可能性を少なく出来ます。

エラーページの概要

 存在しないページにリンクする事は極力ないように注意が必要ですが、ページ数が多くなってくるとチェックしきれない場合があります。又、外部からのリンクは自分ではどうする事も出来ません。

 存在しないページにアクセスがあった場合、サーバーからエラーコードを応答し、ブラウザ上ではエラーコードに基づいて「ページが表示出来ません」等と表示されます。このようになると訪問した人は内部からのリンクの場合でもブラウザの戻るボタンで戻らなければならず、外部からのリンクの場合は通常は諦めて帰ってしまいます。

 エラーページを作っておくとサーバーからエラーコードを応答する際に、作成したエラーページを表示させる事が出来ます。エラーページでトップページや主要ページにリンクしていればリンクしたページにアクセス出来るようになります。

.htaccessによるエラーページの作成1

 エラーページを設置しても検索結果で上位に表示される等はありませんが、訪問者が帰ってしまう可能性を少なく出来ます。

403エラーページの作成

 エラーページは通常のhtmlで作成します。例えばerror.htmlファイルを作成しサーバーにアップロードします。

 サーバーにエラーページを利用する設定には.htaccessを利用します。メモ帳等を利用して以下のように記載し、.htaccessというファイル名で保存し、サーバーにアップロードします。

【.htaccessの403エラーページ設定】
ErrorDocument 403 /error.html

 許可されていないアクセスは403 Forbiddenと言います。例えばexample.com/test/等とディレクトリ指定した時も403 Forbiddenになる可能性があります。上記では403 Forbiddenの場合は/error.htmlを表示する事を設定しています。

 尚、「.htaccessリダイレクトによるURLの統一」で.htaccessを作っていた場合でも追記する事で両方の設定が有効になります。

404エラーページの作成

 存在しないページへのアクセスは404 Not Foundと言います。このエラーページを作成する場合は.htaccessに以下を追加します。

【.htaccessの404エラーページ設定】
ErrorDocument 404 /error.html

 上記では404 Not Foundの場合は/error.htmlを表示する事を設定しています。

500エラーページの作成

 サーバー側でエラーがあると500 Internal Server Errorとなる場合があります。このエラーページを作成する場合は.htaccessに以下を追加します。

【.htaccessの500エラーページ設定】
ErrorDocument 500 /error.html

503エラーページの作成

 サーバー側に負荷がかかっていたり、メンテナンス中、又は契約しているレンタルサーバーの転送制限を超えると503 Service Unavailableとなる場合があります。このエラーページを作成する場合は.htaccessに以下を追加します。

【.htaccessの503エラーページ設定】
ErrorDocument 503 /error.html

 尚、自分で参照しても503エラーがよく発生する場合は、画像ファイルをPNGからJPEGやGIF形式に変更出来るものは直して小さくする、動画ファイルをFLV形式にする、YouTubeへのアップロードにする等して転送量が少なくなるように見直しが必要です。

 503エラーが頻発すると訪問者も諦めてしまうので、どうしても転送量が見直せない場合は、上位のプランへの変更も検討する必要があります。

エラー毎に異なるページの作成

 エラーの種類毎にファイルを変更する事も可能です。その場合はerror.htmlの部分を表示させたいファイル名に変更します。

 又、サブディレクトリを指定してエラーページを集約させる事も可能です。例えばerrorというディレクトリを作成して403error.htmlファイル、404error.htmlファイル、500error.html、及び500error.htmlファイルをアップロードした場合、それぞれ/error/403error.html、 /error/404error.html、 /error/500error.html、 /error/503error.htmlと指定します。

【.htaccessのサブディレクトリを利用した複数エラーページ設定】
ErrorDocument 403 /error/403error.html
ErrorDocument 404 /error/404error.html
ErrorDocument 500 /error/500error.html
ErrorDocument 503 /error/503error.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Access:カウンター(total)

Today:カウンター(today)   Yesterday:カウンター(yesyerday)