アフィリエイト広告の種類

Webサイトに広告を掲載して、報酬を得ることができます。

本ページでは、アフィリエイト広告の種類について説明します。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、WebサイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などに広告を表示して報酬を得ることです。

通常は、広告を提供しているASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録して、ASPから提供される広告を表示します。ASPには、企業などの広告が登録されていて、報酬も企業から払われます。

企業はASPに広告を登録してASP経由でサイトに広告が表示される、報酬は企業がASPに支払ってASP経由でサイト管理者に支払われることが説明されています。

アフィリエイトは、通常は無料で登録できるため、元手をかけずに収入を得ることができるのがメリットです。ただし、まとまった金額になるのはかなりのアクセスが必要です。場合によっては、Webサイトを作るために時間を要したり、情報収集のためにお金をかけたりする必要があります。

報酬によるアフィリエイトの違い

アフィリエイトには、報酬の発生方法によってタイプが分かれます。次からは、それぞれのタイプの説明をします。

成果報酬型

成果報酬型は、広告をクリックして成果があった時に報酬が発生します。例えば、商品が売れた、会員登録されたなどです。

広告は、「表示」「クリック」「成果」とつながりますが、成果報酬型では「成果」まで到達してはじめて報酬になることが説明されています。

成果報酬型は、商品やサービスを紹介するサイトに向いています。紹介する商品やサービスに興味がある人が訪れることから、成果につながりやすいためです。

表示する広告の内容は、自分で選択することができます。用意されている広告を選択することもできますが、商品のページへリンクを作成し、テキストや画像で広告を作ることもできます。

アクセス数も重要ですが、成果につなげる必要があるため、商品やサービスの紹介などの記事の内容が問われます。

非常に単価が高い広告もあるため、サイトにあった広告であれば高収入につながります。

クリック報酬型

クリック報酬型は、広告をクリックした時点で報酬が発生します。

広告は、「表示」「クリック」「成果」とつながりますが、クリック報酬型では「クリック」までで報酬になることが説明されています。

つまり、商品が売れたり、会員登録されたりしなくても、報酬が発生するという訳です。ただし、成果率が悪いと単価が下がる場合もあります。

サイトの内容に関連する広告が表示されたり、サイトを訪問した人が興味ある広告が自動で表示されたりします。このため、ブログや情報を提供するようなサイトに向いています。

表示する広告の内容は、自分で選択することができません。成果報酬型の単価が高い広告に比べると、1クリック自体の単価は低くなりますが、クリックだけで報酬になるため、アクセス数に応じて報酬が多くなりやすくなります。また、報酬額は企業が入札するため、アクセス数向上とともに単価が上がることも期待できます。

インプレッション報酬型

インプレッション報酬型は、広告が表示された時点で報酬が発生します。

広告は、「表示」「クリック」「成果」とつながりますが、インプレッション報酬型では「表示」されると報酬になることが説明されています。

サイトの内容に関連する広告が表示されたり、サイトを訪問した人が興味ある広告が自動で表示されたりします。このため、ブログや情報を提供するようなサイトに向いています。

表示するだけで報酬につながりますが、単価的には安くなっています。クリック報酬型と組み合わせて提供されることもあります。

固定報酬型

月額いくらなどと決めて、広告を表示します。

広告が表示された回数、クリック数、成果などは関係ありませんが、少ないと解約などの影響もあります。

スポンサー契約のようなイメージなので、簡単には契約できません。

広告の表示タイプ

広告の表示タイプには、以下があります。

テキスト広告

テキスト広告は、文字を表示します。文字がリンクになっていて、クリックすると広告主(広告を提供している企業)のサイトへ移動します。

テキスト広告を記事の途中に表示した例。

成果報酬型では自分で広告を選択できるため、ページにあったテキスト広告を選択・作成して、記事の文書の一部として表示するとクリック率が高くなり、成果も期待できます。

バナー広告

バナー広告は、画像を表示します。画像がリンクになっていて、クリックすると広告主のサイトへ移動します。

バナー広告を右上に表示した例。

ページの右上や記事の下など、広告枠を決めて表示するのが一般的です。成果報酬型では、記事の内容にあったバナー広告を表示することで、成果につながりやすくなります。

クリック報酬型では、ページごとに内容が異なる場合でも、各ページにあった広告が自動で表示されるため、手間がかかりません。

画像ではなく、アニメーションや動画などで表示されることもあります。