dir属性

日本語のように、左から右に書く言語だけではありません。

本ページでは、グローバル属性のdirについて説明します。

dir属性とは

dirは、要素のテキストの方向性を示します。値は、以下が使えます。

【dirで使える値】
意味
ltr 左から右(left to right)に表示されます。
rtl 右から左(right to left)に表示されます。
auto 自動で判断します。

日本語や英語は左から右に記述しますが、アラビア語では右から左に記述します。このため、文章でアラビア語を使う時は、rtlを指定します。

また、ユーザが編集する要素で、使う言語が不明な場合は、autoにします。

グローバル属性のため、すべてのHTML要素で使えます。

利用例

dirの利用例は、以下のとおりです。

【dirの利用例】
<p dir="rtl">ここにアラビア語を書きます</p>

上記により、以下のように表示されます。

ブラウザの画面には、アラビア語のおはようが右から左に表示されています。

上記は、アラビア語のおはようを表示しています。右から表示されているのが、わかると思います。

dirの対象になる属性

以下の属性もdirの対象です。

  • th要素のabbr属性
  • area、img、input要素のalt属性
  • meta要素のcontent属性(可能であればname属性)
  • optgroup、option、track要素のlabel属性
  • input、textarea要素のplaceholder属性
  • title属性

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
dir ×
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
dir
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。