nofollowの使い方

リンクする際、検索エンジンにリンクをたどらないようにさせる事が出来ます。

本項では、nofollowの使い方について説明します。

リンクとクロール

 リンクする際は、HTMLで以下のように記述します。

<a href="example.com">リンク先</a>

 赤字部分がリンク先のURLで、青字部分はリンク先のタイトルです。

 この記述があると、Google等の検索エンジンがクロールした時、このリンク先にもクロールするようになります。

クローラは、リンクをたどっていく

 つまり、リンク先は検索対象となり、リンクを記述しているページから評価を受けていると判断されます。この評価は、ページランクと呼ばれ、検索順位に影響します。

クロール対象にしない方法

 リンクしてもクロール対象にしないためには、nofollow属性を使います。やり方は、以下の2通りです。

  1. <meta name="robots" content="nofollow" />
  2. <a href="example.com" rel="nofollow">リンク先</a>

 1つ目の方法は、<head>と</head>の間に記述し、そのページにある全てのリンクをクロール対象にしません。

metaでnofollowを使った時のクロール

 2つ目の方法は、各リンク記述時に使い、そのリンクだけをクロール対象にしません。つまり、そのページにある他のリンクはクロール対象になります。一般的には、こちらを使います。

個別のリンクでnofollowを使った時のクロール

 自サイトのページでもnofollowを付けると検索対象になりませんが、他のページやサイトからnofollowを使わずにリンクがあると、検索対象になる可能性があります。

 又、最近のGoogleでは、nofollowを付けてもページランクに影響することがあります。これは、多くのサイトでnofollowを使い始めたため、本来評価されるサイトが評価されない可能性が出てきたためです。

 つまり、リンク先が有用なページであれば、nofollowがあっても好評価の対象となります。

nofollowを使った方が良い例

 Googleでは、悪意あるリンクや不適切なリンクがあると、検索順位を下げる可能性があります。そのようなリンクはしないか、若しくはnofollowを付ける必要があります。以下は、例です。

・信頼出来ないコンテンツ
 ブログのコメントや掲示板等では、リンクによる書き込みも発生します。必要なリンクであれば問題ありませんが、大量のリンクを書き込まれる事もあります。これをコメントスパムと呼びます。コメントスパムはページの質を低下させ、検索順位に影響を与える可能性があります。
・有料リンク
 お金を貰ってリンクすると、検索順位に影響する可能性があります。これは、リンク先コンテンツの質に関係ない不適切なリンクのためです。
・ページの優先順位
 検索エンジンは、ログインしたりする事が出来ません。つまり、ログインページにクロールする必要がない場合は、nofollowを使います。

 ブログ等のサービスでは不特定多数の人が書き込み出来るため、自動的にnofollowが追加される事も多くあります。

 尚、最近はブログのコメント等ではugcを使う事が推奨されています。又、有料リンクではsponsoredを使う事が推奨されています。

例:<a href="example.com" rel="sponsored">リンク先</a>

 nofollowも引き続き使えますが、リンク先の情報を明確に伝えるために推奨されており、参考情報として使われます。

アフィリエイトサービスの対応

 有料リンクを作成する場合、nofollow(又はsponsored)は必須です。このため、最近のアフィリエイトではコード作成時にデフォルトでnofollowが付いている事が多いと思います(例:A8.net、バリューコマースなど)。

 又、Google Adsenseのコードは、有料リンクとして扱われません。これは、ページランクに影響しないためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加