noindexの使い方

Google等で検索した時、ページが検索結果に表示されないようにできます。

本ページでは、noindexの使い方について説明します。

ページのインデックス

検索エンジンは、リンクをたどってインデックスを作成し、それを元に検索結果を表示します。

クローラがリンクをたどってインデックスされていくことを説明しています。

どこからもリンクがない場合でも、手動でインデックスに登録することもできます。

インデックスされたページは、検索すれば誰でも参照できるようになります。

noindexの書き方

ページをインデックスさせないためには、HTMLのhead内に以下を記述します。

【noindexの書き方】
<meta name="robots" content="noindex">

クロールがあった場合でも、上記(以降はnoindexと呼ぶ)が記載されていると、ページがインデックスされません。これは、Webサイト全体がインデックスされないという意味ではなく、noindexが記述されているページだけがインデックス対象外になるという意味です。

ページがインデックスされなくなると、検索結果に表示されません。つまり、通常はデメリットになります。このため、十分に検討してから使う必要があります。

noindexを使った方が良い例

noindexを使った方が良い例として、以下が挙げられます。

検索結果に表示させたくないページ
他の優先したいページを検索結果に表示させるため、優先しないページでnoindexを使うことがあります。また、不特定多数がコメントするようなページ(コメントの内容によっては検索順位に悪影響があります)にもnoindexを使うことがあります。
内容が重複したページ
内容が重複したページが複数あると、コンテンツスパムと判断されて検索順位に悪影響があります。このため、ページを複数自動作成するような場合、noindexを使うことがあります。

つまり、ページとしては必要だけど、インデックスに登録されると悪影響がある場合に使います。

nofollowとnoindexの違い

nofollowは、リンク先にクロールをさせないようにできますが、他からリンクされているとクロールが発生し、インデックスされてしまいます。

nofollowでリンクしても、他からのリンクでインデックスされる可能性があることを説明しています。

つまり、ページAでnofollowを使ってもリンク先がインデックスされることを防げません。しかし、ページBでnoindexを使っているとインデックスされません。

nofollowは、リンク先をインデックスさせないためではなく、リンク先のページランクに影響を与えないために使います。

noindexは、記述したページ自体をインデックスさせないために使います。

noindexの留意点

noindexを付けたとしても、検索結果に表示されないだけでページが参照できない訳ではありません。ブラウザでURLを直接入力すれば、ページを参照することは可能です。

noindexを使っても、ブラウザから直接URLを入力すればページ自体は参照できることを説明しています。

このため、不特定多数の人に公開したくないページは、IDとパスワードなどで保護する必要があります。

また、既にインデックスされているページでnoindexを使っても、すぐ検索結果に表示されなくなる訳ではありません。クロールされてnoindexが認識されるまでの間、引き続き検索結果に表示されます。

早く再クロールをリクエストするためには、Google Search ConsoleでURL検査を使います。