JavaScriptの使い方

JavaScriptは、Webページのスタイルを変えたり、表示内容を変えたりする上でかかせないプログラミング言語です。

本ページでは、JavaScriptの仕組みを説明するとともに、基本的な書き方を説明しています。

JavaScriptとは

JavaScriptは、パソコンのブラウザ上で動作するプログラミング言語です。Webサーバーから受信したHTMLファイルにJavaScriptが記述されていると、パソコン側で実行されます。

HTMLファイル(JavaScript含む)をサーバーからダウンロードして、パソコン上で実行することが説明されています。

パソコン側で動作するため、パソコンに保存しているHTMLファイルを開いても、JavaScriptは動作します。JavaScriptは、一般的なブラウザではデフォルトで許可されています。

JavaScriptは、ブラウザで表示している内容を書き換えたり、スタイルを変えたり、さまざまなことができます。ただし、パソコン側で動作するため、サーバーのデータを更新するなどはできません。

JavaScriptは、サーバーのデータを更新できないことが説明されています。

例えば、アンケートの回答をサーバーに保存する、誰でも書き込みできる掲示板を作るといったことはできません(Node.js環境などであれば、JavaScriptをサーバー側で動作させることもできます)。

また、JavaScriptはインタプリタ型言語と言われ、事前のコンパイルが不要です。コンパイルとは、プログラムをパソコンで実行できるように変換することですが、人が見てわかりづらくなってしまいます。インタプリタ型言語では、事前のコンパイルなしで逐次実行します。このため、実行時の確認がしやすく、初心者でも比較的簡単に使えるプログラミング言語と言えます。

JavaScriptの書き方

JavaScriptの書き方は、以下の2種類あります。

HTMLファイルに直接記述する方法
HTMLに直接記述するため、手間になりません。簡単なプログラム向けです。
外部ファイルに記述してHTMLから呼び出す方法
HTMLとは別に記述するため、HTMLとJavaScriptが混在してわかりづらいといったことがありません。複数のHTMLファイルから呼び出すプログラムも、外部ファイルにしておくと共通で利用できます。また、HTMLから複数の外部ファイルを呼び出すこともできます。

次からは、それぞれの記述例を示します。

HTMLファイルに直接記述する方法

HTMLファイルに直接記述する方法は、以下の通りです。

【JavaScriptのHTMLファイルへの記述例】
<h1 id="test">文章</h1>

<script>
const x = document.querySelector("#test");
x.insertAdjacentHTML("afterend", "<p>テスト</p>");
</script>

<script>と</script>の間がJavaScriptです。命令文の最後は、セミコロン(;)を記述します。このscript要素は、1つのHTMLファイルの中で複数使えます。

上記は、IDがtestの要素(上記ではh1要素)の後にp要素を追加して、「テスト」と表示します。IDがtestの要素の後に、script要素を記述する必要があります。

外部ファイルに記述する方法

外部ファイルに記述する方法は、以下の通りです。

【外部ファイルにJavaScriptを記述する例】
const x = document.querySelector("#test");
x.insertAdjacentHTML("afterend", "<p>テスト</p>");

上記をファイル名.jsで保存します。一般的には、JavaScript専用のフォルダを作成し、そこに保存します。

HTMLファイルでは、JavaScriptを動作させたい場所に、以下を記述して読み込ませます。

【外部ファイルのJavaScript読み込み例】
<h1 id="test">文章</h1>

<script src="js/test.js"></script>

js/test.js部分は、先ほど保存したフォルダ/ファイル名.jsを記述します。

外部ファイルから読み込んでも、HTMLファイルに直接プログラムを記述したのと同じ結果が得られます。

また、script要素を複数使って、1つのHTMLファイルから複数の外部ファイルを読み込むこともできます。