h1タグ/見出し

<h1>タグは見出しを記述する時に使います。

説明

 <h1>タグで見出しを記述します。

 h1は大きな見出し、h2は次に大きな見出しになり、h6まであります。

 <h1>タグはページのタイトルと同じにし、各項目は<h2>タグで記述、更に細かく分ける場合はh3以降も使うと言った使い方が出来ます。

見出しの利用例

構文

 <h1>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<h1>見出し</h1>

 h2からh6も同じで上記のh1部分をh2からh6にします。

利用例

 通常はHTMLボディーの中で使われます。

<h1>第一段見出しです。大きな太字です。</h1>
<h2>第二段見出しです。第一段の次に大きな太字です。</h2>
<h3>第三段見出しです。それなりに大きな太字です。</h3>
<h4>第四段見出しです。太字になります。</h4>
<h5>第五段見出しです。小さなフォントです。</h5>
<h6>第六段見出しです。更に小さなフォントです。</h6>

 上記を表示すると以下のようになります。

第一段見出しです。大きな太字です。

第二段見出しです。第一段の次に大きな太字です。

第三段見出しです。それなりに大きな太字です。

第四段見出しです。太字になります。

第五段見出しです。小さなフォントです。
第六段見出しです。更に小さなフォントです。

ディスプレイ

 <h1>タグから<h6>タグで囲むとブロックボックスを示すため、タグの開始時と終了時に改行されます。

 通常、見出しを改行なしで表示する事はないため、余計な<br>タグを使わずに済みます。

補足

 本ページでもh1をタイトルと同じにして、h2で各項目の見出しを定義しています。青色の下線で示した「補足」等がh2の定義です。

 見出しはそのままでは単なる太字で表示されるので、必要に応じてCSSでデコレーションして下線を付ける等、分かり易くすると良いと思います。

関連ページ

・ホームページ作成「トップページ:ボックス配置

 見出しのデコレーション方法等を説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加