headタグ/ヘッダー定義

<head>タグはHTMLファイルにヘッダーを挿入する時に使います。

説明

 <head>タグはファイルのヘッダーを示し、ヘッダーの中でタイトルやファイルの文字コード、スタイルシート等を定義します。

 タイトルやファビコンはブラウザのタブに表示されますが、その他の定義は通常、ブラウザで表示されません。読み込むファイルや見栄えに影響がある内容、ページの要約等を記述します。

構文

 <head>タグは<html>と</html>に囲まれた中に記述し、構文は以下の通りです。

<head>
ここにヘッダーを記述します。
</head>

 通常、<html>タグのすぐ下にHTMLヘッダーを配置します。

利用例

 通常は<html>タグ、<body>タグと組み合わせて使われます。

<html>
<head>
<title>タイトル等</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">
</head>
<body>
文書本体を記述する場所でブラウザ上で表示されます。
</body>
</html>

 上記を表示すると以下のようになります。

head利用例

 <head>タグの中で<title>を使う事により、赤枠部分のようにタイトルをブラウザのタブに表示しています。

 <link rel>部分は読み込むCSSファイルの定義であり、ブラウザ上で表示されませんが、見栄えに影響します。

 ヘッダー内に記述するタグは他にも沢山あり、殆どはブラウザ上で表示されませんが、検索結果にも影響してくるページの重要な記述を行う部分です。

関連ページ

・ホームページ作成「トップページ:ヘッダー作成

 <head>タグについてだけでなく、ホームページのヘッダー全体について説明しています。

・SEO対策「htmlヘッダーでのSEO対策

 ヘッダーを利用したSEO対策について説明しています。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加