varタグ/変数

<var>タグは変数を示します。

説明

 <var>タグは値が代入される変数を示します。

 変数は、ある時は3、ある時は4等、値が変わる事があります。例えば、プログラムでa=b+cとした場合、a,b,c全て変数でb=1、c=1とするとaは2、b=2、c=3とするとaは5になります。

 このように、時々で数字が変わるための表記として変数が使われます。

 <var>タグを利用すると、多くの場合は斜体で表示されます。

構文

 <var>タグはHTMLボディー内に記述します。構文は以下の通りです。

<var>変数</var>

利用例

 <var>タグの利用例は以下の通りです。

変数<var>a1</var>はb+cで定義されます。

 上記を表示すると以下になります。

変数a1はb+cで定義されます。

ディスプレイ

 <var>タグで囲むとインラインボックスを示すため、改行されません。

 このため、文章の途中で変数を使う事が出来ます。

検索付「HTMLタグ早見表」に戻る

スマホ向け「HTMLタグ一覧」に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加