address要素

HTMLでは、連絡先情報を示すことができます。

本ページでは、address要素について説明します。

address要素とは

address要素は、著者や組織の連絡先を示すために使われます。連絡先とは、URLやメールアドレス、電話番号、住所などです。通常は、斜体で表示されます。

addressの定義は、以下のとおりです。

【addressの定義】
コンテンツカテゴリ フローコンテンツ認知可能コンテンツ
可能な親要素 フローコンテンツを包含できる要素
可能なコンテンツ フローコンテンツ
見出しコンテンツセクショニングコンテンツ、header、footer、addressを除く。
タグの省略 不可
DOMインターフェース HTMLElement

address要素をarticle内で使うと、記事の著者の連絡先情報になります。body直下で使うと、ページ全体の組織や個人の連絡先情報を示すことになります。その際、多くの場合はfooter要素に配置されます。

利用例

以下は、addressを使ったHTMLの例です。

【addressの利用例】
<address>
contact:<a href="https://example.com/">山田 太郎</a>
</address>

これをブラウザで表示すると、以下になります。

ブラウザの表示画面で、contactだけが斜体で表示されています。その次は、リンクで「山田 太郎」と表示されています。

英字だけが斜体で表示されています。これは、フォントに斜体がないと、斜体で表示できないためです。

属性

グローバル属性が使えます。

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
address
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
address
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。

HTML要素(タグ)一覧」に戻る