hr要素

HTMLでは、段落間でシーンが変わったり、内容が変わったりすることを示せます。

本ページでは、hr要素について説明します。

hr要素とは

hr要素は、段落間でシーンが変わったり、内容が変わったりすることを示します。通常は、水平線で表示されます。

hrの定義は、以下のとおりです。

【hrの定義】
コンテンツカテゴリ フローコンテンツ
可能な親要素 フローコンテンツを包含できる要素
可能なコンテンツ なし(空要素)
タグの省略 開始タグは必須。終了タグはなし。
DOMインターフェース HTMLHRElement

以前は、単純な線を引くために使われていましたが、今は意味を持った要素になっています。このため、線を引くだけであればCSSを使うことが推奨されています。

hrは、セクションの区切りにも思えるかもしれませんが、アウトラインには影響しません。

利用例

以下は、hrを使ったHTMLの例です。

【hrの利用例】
<section>
<h1>タイトル</h1>
<p>これは、シーン1です。シーン1は森で、木々や動物を描写しています。</p>

<hr>

<p>これは、シーン2です。シーン2は森の散策から帰ってきた後を描写します。</p>
</section>

これをブラウザで表示すると、以下になります。

ブラウザの画面で、2つの段落の間に水平線が表示されています。

水平線は、横幅一杯に表示されます。

属性

グローバル属性が使えます。

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
hr
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
hr
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。

HTML要素(タグ)一覧」に戻る