b要素

HTMLでは、注目を集めたいテキスト範囲を示すことができます。

本ページでは、b要素について説明します。

b要素とは

b要素は、注目を集めたいテキスト範囲を示します。例えば、要約したキーワード、製品名、単語などに使われ、ブラウザ上では太字で表示されます。

bの定義は、以下のとおりです。

【bの定義】
コンテンツカテゴリ フローコンテンツフレージングコンテンツ認知可能コンテンツ
可能な親要素 フレージングコンテンツを包含できる要素
可能なコンテンツ フレージングコンテンツ
タグの省略 不可
DOMインターフェース HTMLElement

利用例

以下は、bを使ったHTMLの例です。

【bの利用例】
<p>以下は、A社製テントの<b>ほしくずのひととき</b>について説明しています。</p>

上記により、以下のように表示されます。

ブラウザの画面で、「以下は、A社製テントのほしくずのひとときについて説明しています。」と表示されていて、「ほしくずのひととき」部分だけ太字で表示されています。

製品名が「ほしくずのひととき」で、前後も平仮名が続くのでわかりづらいのですが、b要素を使うことで製品名がわかりやすくなっています。

属性

グローバル属性が使えます。

strong、em、mark要素との違い

strong、em、mark要素の概略は、以下のとおりです。

strong
strong要素も太字で表示されますが、重要性、深刻性、緊急性などがある内容で使います。
em
em要素は、強調する内容を示します。例えば、段落の一部に使って強調したり、要点を示すために段落全体に使って強調したりします。
mark
mark要素は、関連性のある単語などを示します。例えば、検索結果の表示で検索した単語に使います。

b要素は、このような意味を持ちません。このため、strong、em、markなどが該当しないコンテンツで、単に見た目上で判別が必要な所で使います。

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
b
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
b
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。

HTML要素(タグ)一覧」に戻る