body要素

HTMLでは、文書を表示する領域を明示することができます。

本ページでは、body要素について説明します。

body要素とは

body要素は、文書のコンテンツを示すために使われます。bodyは、HTMLファイルの中に1つだけ使えます。

bodyの定義は、以下のとおりです。

【bodyの定義】
コンテンツカテゴリ セクショニングルート
可能な親要素 html(2番目の子要素であること)
可能なコンテンツ フローコンテンツ
タグの省略 開始タグは、body要素が空の場合は省略可能。また、要素内の最初がホワイトスペース(スペースや改行など)、コメント、meta、link、script、style、templateの場合を除き、省略可能。
終了タグは、直後がコメントでない場合は省略可能。
DOMインターフェース HTMLBodyElement

利用例

以下は、bodyを使ったHTMLの例です。

【bodyの利用例】
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
<title>ページのタイトル</title>
</head>

<body>
<h1>記事のタイトル</h1>
<p>段落</p>
</body>

</html>

これをブラウザで表示すると、以下になります。

ブラウザの表示画面で、「記事のタイトル」が大きなフォントで表示されていて、その下に「段落」が標準のフォントサイズで表示されています。

body部分の内容が、ブラウザのビューポートに表示されています。

属性

グローバル属性が使えます。

ブラウザのサポート状況

各ブラウザの最新バージョンでのサポート状況は、以下のとおりです。

【パソコン】
項目 IE Ed Fx Ch Sa Op
body
【スマートフォン】
項目 Sa An Op Ch Fx Sm
body
サポート
制限あり
×
未サポート
不明
IE
Internet Explorer
Ed
Edge
Fx
Firefox
Ch
Chrome
Sa
Safari
Op
Opera
An
Android Browser
Sm
Samsung Internet

※スマートフォンのFirefoxとChromeは、Android版です。

HTML要素(タグ)一覧」に戻る